So-net無料ブログ作成

知子の情報 [その他]

 ソフトの紹介である。そうは云っても陳旧ソフトであり、使用されている人への連帯の気持ちを伝えるようなものだ。随分とお付き合いが長く DOSの時からお世話になっている。今の普通のソフトからみると、こんなことも出来ないのかと思うこともあるが、手放せない。どうして?

 ブログに書き込む際、皆どのようにしているのだろう。僕の場合、 webサイトに書き込んでいる時はホームページビルダーを使ってそのまま書き込んでいた。サーバーと同じものをPC上に構築するわけで、ディレクトリの位置さえ把握していれば欲しいページ(ファイル)にアクセスできた。現在のものはブログにも対応しているから、使おうと思えばそのまま使用できる。実際、設定は済んでいるのでここに書き込んでくださいと自分のスキンで表示されてくる。ホームページビルダーを使用しないことにした理由はふたつ。ソフトが重いため(PCの能力が低すぎる・・セレロン500MHz)と書き込んだものをすぐに探したい為である。

 この「書き込んだものをすぐに探す」ことに特化したソフトが知子の情報なのだ。とにかくテキストを軽快に使いたいために作られたものである。全文検索もPCの能力依存ではあるだろうが充分速いと思っているが、キーワード設定すれば非常に速い。それが売りのソフトだった。 DOSの頃の CPUクロックでも充分に使えた。文献を読んだ際、どの雑誌のどこに書かれていたかを忘れるようになり使い勝手の良いソフトを探していて、知子の情報などとふざけた名前に行き当たった。当時のデーターベースソフト(カードXなど)は数字の処理が主で、文字列は決まった文字数でデータを構築する必要があった。メモ欄などあっても検索の利かない領域だった。(記憶違いならゴメン)知子の情報も当初は全文検索に対応してなかったが、割と早い時期から対応して非常に便利だった。キーワードでの検索は当初から速かった。

 なによりも基本的にテキストエディタなのだから入力の時から軽快。保存した後、欲しいときに欲しいページがすぐに出てくる安心感は他のソフトでは得られなかった。すでに開発は長く中断されたままであるが、オンライン販売されている。僕はPro/Mailも購入しているが、今のPC上にあるものはver8だったりする。それでも充分に使える。多少使い勝手は良くなったが、基本的には変わらなかったと思う。そんな「知子の情報」だが、家庭内LAN が普通になった今、10知子ファイルほどは LANで対応できる新版が欲しい。ネットワーク版は大袈裟だし・・・。(もっとも「知子の情報」の使い方としてはファイル数を増やすのでなく、ドンドンひとつに纏めましょうが正しい。)

 知子ファンって、まだ居ますよね。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。