So-net無料ブログ作成
検索選択
自笑狂夫老更狂 ブログトップ

チョットした疑問だったが [自笑狂夫老更狂]

チョットした疑問だったが

 久しぶりにニュース記事でもと思った。小さい記事だがこんなのがあった。

昭恵氏付職員、2人削減=政府、森友問題踏まえ(時事通信社)
(趣旨を変更しないように縮小、句読点変更、言葉も前後しています)  菅官房長官は4日の記者会見で、昭恵首相夫人付の政府職員について7月に5人から3人に削減したことを明らかにした。経済産業省の2人は復帰、非常勤の外務省職員3人を残す。学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、昭恵氏付職員が学園側からの照会に応じるなどし、野党から批判が出ていたことを踏まえた措置。  昭恵氏付の職員は過去に、森友学園が運営する幼稚園での講演や選挙応援などに同行。公務員の中立性の観点から野党側は問題視し、政府は職員配置の在り方を見直していた。今後は、昭恵氏の私的活動については、首相の個人事務所のスタッフが対応する。


 僕は職員って兼SPの方かと思っていた。だから当然何人かの職員がいても不思議はないと。もちろん法的には総理大臣(経験者含む)にSPがつくが、家族につかないことは知っている。コメントでは税金の無駄づかいとの意見もあるが、(そんなことは起こらないが)夫人が誘拐されて日本の方針を変化させろと脅迫されると困るだろう。だからSPまたは秘書さん(兼SP)って要るだろうと。この点については夫人自らの言葉で日本の首相夫人に普段SPがついていないことに「日本は安全な国なんですね」と驚かれたり、うらやましがられたりしましたとある。ある意味世界の常識だろう(ここは日本だとは云わないで ハイm(_ _)m日本デス )。

 ちなみに上の言葉は、朝日新聞(グローブ)の2010年特集記事「ファーストレディの居場所」本人たちは公私のはざまで立ち位置を探す。ファーストレディーとは、一体何か。のwebオリジナル「ファーストレディーを語る第一回」で昭恵夫人(当時は元首相の妻)インタヴューにある。その特集03部Part2には「日本初の「オフィス」は、たった2人だった」の記事があり、どうして昭恵夫人から職員がつくようになったかが判る。その彼女の行動は官邸・外務省も及び腰であった。しかし、インタヴューのほうにブッシュ米大統領夫人にお目にかかり、色々なお話を伺いました。米国の大統領夫人と日本の首相夫人は全然違うな、と日米の差を感じました。米国は夫人をチームが支え、ファーストレディーは「仕事」。私は子どもとかかわることが好きなので、目新しいことよりも、自分がやってきた貧困地域や養護施設の訪問など地道に続けようと思いました。とあり彼女は自分の立ち位置をそこに見たのだろう。でもこの特集のキャプションは政治の象徴、立ち位置はどこになのだ。家庭の内に夫人はいるべきなのか、家庭の外でも活動すべきなのか?僕の年齢層は前者が多いと思う(僕?家庭大事で主婦でも主夫でも良い、だから前者)。--エーッと驚くな>息子・娘 m(_ _)m--

 森友学園問題で公私のけじめがないとされ(実際ないと思う、安部さん周辺の驕りと思いますが・・・)夫人に職員がつくこと自体が問題のようになっていますが、ファーストレディーとしてどのように扱い・振る舞えば良いのかを考える時なのでしょう。そこで職員が必要かどうかの問題かと(ここを書きながらブッシュ夫人のチームは私的なものか公的なものか確認必要と思いました、 webもあるし宜しく)。m(_ _)m

P.S.
 友人の元役人が現役の頃、近頃の若い職員はPCですぐに正解を出してしまう。自分たちの頃は六法全書をあちらこちら探してすぐに答えが出なかった。しかし、その正解以外のものを読むことで非常に力がついた気がすると云っていた。自分で探すのは大事です。せめて特集記事「ファーストレディの居場所」を読まれては?依光、違ってるよとなるかもしれませんから。
nice!(1)  コメント(0) 

運命を信じようかな? [自笑狂夫老更狂]

運命を信じようかな?

 僕は基本的に運命を信じていない。努力できる人とできない・しない人では道が違うだろうと思っている程度で、できる・できないも全て環境・素因など運命で決まっているとは思えない。

 でも高知駅に人を送った後、車の運転がなぜか不安で女房殿に代わって貰った。帰り道大きな坂ではないが両方が登りとなってチョット見通せない所がある。そこで大きなトラックが突然表れ、女房殿がキャッと声をあげた。僕の運転スピードなら衝突していたと思っている。またあるマイナーな神社に行った。ちょうど氏子さん達が神社を有名にするには今後どうすれば良いかなどと相談されていた。村人の怖れ神にならないようにとの神社で、僕はたいしたこともなくそっとしてあげていれば良いのにと思って車まで戻った。ところが跳ね上げた泥が見事に手形となってクッキリと見ることができた(祭られているのは子供だが手形は大きかった)。その数ヶ月後から手が痺れはじめ、今の病気の喘鳴以外では最初の症状である。

 そして今日のこと。
 その前に、歩き遍路(本番)を今週中に宇和島までしておこうと思っていた。台風も来ているので早目にはじめようと昨夜宿毛へ向かった。窪川から一般道となり、夜とばすより朝にしようと道の駅で休む(仮眠)とした。霧があり蒸すかなと思ったが自宅より遙かに涼しい(涼しいから霧なのだが・・・)、寝ようと思った時コトッと前回持っていた薬ケース(残1日分のみ)が落ちた。しまった、薬を持ってきていない。帰るよとメールして午前一時頃自宅に戻った。

 自宅で寝るとやはりノンビリする。朝一番で歩かなくとも、今日はシッカリ準備をと考えた(具体的には宿毛でタブレット用にタイプCの充電兼用 USBケーブル、モバイルバッテリー購入。実は・・・、ポータブル・ソーラー発電可能です。テントで連泊可能になるだろうと購入済)。ラッシュが終わる頃に家を出た。そして車同志で接触してしまった。もちろん事故なんか滅多にない、クスリを忘れることも滅多にない。車の接触と行っても軽微なもので、幸いなことに人はお互いなんともない状態だった。

 以前歩き遍路はじめた頃(もう七年前か)、自分の仏教のイメージに合わないことも多く弘法大師さんの悪口(ゾロアスター教だろうとか・・・)を云ったこともある。そして何故かお遍路で帰らなければならないことが起こり、お大師さんから来なくて良いと云われている気がしたことがある。空海がいかに御釈迦さんの仏教を大事にしたかの本(竹内信夫:空海の思想 ちくま新書1081 僕には充分理解できない内容です)も読んだし、なにより御利益か足のシビレは全然違う、改善している。お礼参りとは称さずに、できるだけ札所(番外も)を歩かせて貰いたいと思っているだけだが、また今回も来なくっても良いよと云われた気がする。まあ、あくまでお大師さんからのサジェスチョンとして僕は歩いて行く。お遍路で歩くことが大きな目で見ると、それができなくなるまでの、運命と思っている(いろいろのしがらみで通しができないことが残念だが・・・)。

パンツがない!! [自笑狂夫老更狂]

パンツがない!!

 家をでるときタンスからパンツを出したのは間違いない。お遍路中は長袖Tシャツ、パンツ、靴下をタオルで包んで1セット(ビニール袋に入れておく)として2~3セットとズボンを持って行く。入浴の際便利である。今回、クルマで行くし自宅を基地にしてゆっくり近場を歩くつもりで、歩き遍路本番にはおよぶまいと着替えなどの衣服はビニール袋に入れ込んだ。その時、間違ったようでワイシャツの時に着る白い下着が入っているがパンツが入っていない。運よくバッグの中に1セット残っていないかと見てみたがない。まあほぼ、二年間使っていないから当然だ。

 それでも延光寺から帰ってすぐ風呂に入った。この季節、歩き遍路の後はぬるめの湯に入りさらに水道からドバドバと水を入れるのが快感である。ちなみに最初から暖かみのない水は入る気がしないし、水道からの水も冷え過ぎは好ましくない。このやり方は遍路をはじめて足摺から宇和海までバスで往復しながらつないだ時に宿毛で覚えた。まあ熱中症対策も兼ねているか?

 幸いにバスタオルがあったので腰に巻いて過ごした。パンツを買いに行かなければと考えた。上半身裸だったがクーラーが利いてきたので寒くなりTシャツを着て、パンツなしでズボンを履いてみた。とくに違和感なくそのまま夕食を買いにでかけ、パンツもとくに買う必要はないかと思った。かまわないものだ(ここらが爺か?)。二時間もすればパンツは完全に乾いていた。

団塊世代のエアチェック なう!! [自笑狂夫老更狂]

団塊世代のエアチェック なう!!

 Blogが一週間続いた。今日はブルーレイ・ディスクの整理をしていた。その時使用したアプリ(PCにて保存番組名・放送日・放送局がテキストで利用できるもの)を御紹介と思っていたが、止める。代わりに冗談記事(書こうとした時は冗談でなく本気、結果的に冗談みたいなものだが今思うと楽しかったよ)をひとつ。昔カセット今CDディスクと思ったが、すでにそこが間違っていた。職場スタッフによればレンタルしたCDを聞いているとクルマが勝手に録音してくれると云う発想だ。残すのはHDD/SSD(そう云えば昔オーディオでソリッドステートアンプとかの言葉があった vs真空管で)。

 昔はラジオ・ステレオからカセットテープに音楽を録音して車で聞いていた。転勤先のはじめての書店でFMファンありますかと尋ねると、若い女店員(もしくは店の娘さん)が真っ赤な顔をしてSMファンを出されたことがあった(若い僕も真っ赤)。それを見て(勿論FMファン)タイマーをセットして置くわけだ。だからオーディオ用のタイマーも結構需要があった。時代が変わってラジオも電波でなくネットで流れてくる。どこにいても大きなアンテナを立てる必要もない。 MP3で録音しておけばいとも簡単にそれなりの音楽を聞くことが出来る。昔のカセットより雑音なく聞くことは容易だ。

 でも、ここ数年ハイレゾとかで音楽は MP3じゃないでしょうと購買意欲をかき立てられる。でも耳も歳をとり高音域が聞こえにくくなっているので、新規購買はないと思っていた。そこで MP3で録音したラジオ音源をソフトで処理すれば少しでも良い音になるのではと期待した。車でカセットテープを聞いたように、 MP3音源をつかって音楽CDを作ろうと思った(ここですでに誤っているようだが)。しかしCDは使命を終えようとして、お店でもBD、DVD、CDと置いてはいるがCDの比率が激減している。結論から書いておくがやめておいたほうが良いと思う、バカでない限り。
(^^;僕ッテバカダカラ、ヤッテミタケド・・・

 CDオーディオは規格が決まっている。音楽データのサンプリング周波数44.1kHz、ビット深度16bitの2チャンネルだから、ハイレゾ・ファイルを作ったとしても車載CDでは聞けないことが多い(知らなかったがCDオーディオが聞けるからWAVE、MP3ファイルが全て聞けるとは限らないようだ。ましてやハイレゾ音源の一般的なファイル名は非対応が多かろう)。せいぜいインターネットラジオが使用するMP3音源をすこしでも元のCDの音に近づけることしかできない。

 確かにソフトを使うと音の幅は広がって、アッこの音この音とはじめは思った。しかし、女房殿から徳永英明の声が違うと指摘されてしまった。低音のほうも車載スピーカーの限界か思ったより出なかった。自分で各周波数を変化できる装置をお持ち(アッ、ソフトでも可能だ)で、耳の良い方ならば僕よりは良い音に作成することもできるだろう。でも、苦労して女房殿に聞いてと渡した5枚のCDが MP3にすればCDほぼ1枚に入るし、このほうが楽と云われてしまった。そうだよなぁ、CDだと運転中に変えたくなるよな。

 当方の耳も劣化してきている。納得して気楽に音楽を楽しむほうが今の御時世に合っているってことか。御同輩、期待を裏切って申し訳ない。この記事もっと短い状態で五月に没にしていましたが、一応最後まで書いておきたい気もありました。題名:団塊世代のエアチェック なう!!はうまく高音質化できるだろうと期待していた頃のものです。 m(_ _)m

P.S.
 ラジオ音源って48.0kHzが多いですね。高音部を補正して、さあCDと思ったが作ってくれなかった。番組全体をまず44.1kHzに変換して欲しい所を切り抜かないと面倒ですよ。

この組み合わせは? [自笑狂夫老更狂]


 ここ数ヶ月いつもショルダーバッグを持っている。それ自体は雑誌サライの付録で綿製品(と思う)、気楽に持ち歩ける。ただ、中に入れているものが今の自分に合っていると思っている。

 まず電子ブックリーダー。Kindle FireでなくSonyの電子書籍Readerである。E-Ink社の電子ペーパーであり液晶と違い明るいところで読めるのがありがたい。Kindle Fireを狙っていたがNTTのポイントで入手した。すでにSonyReaderが国外で撤退している頃に入手し、先日ReaderStoreからコンテンツ直接購入できなくなったらしい。だが紀伊國屋書店を利用することで、マンガ・写真集ではKinoppyのお世話にならなければならないが、不満なく使えている。この機種自体で無線LAN 対応なのだが本を購入する際はデスクトップ機で行い、 USB接続でReaderにダウンロードしている。アレッ、その時使用するソフトの名前を確認とSonyのサイトを開くと、その"eBook Transferf for Reader"ver.2.0.00およびver.3.0.00をアンインストールした際にPCに不具合が起こるのでver.3.0.01にして下さいとある。アンインストールの予定はないが、一応対応しておかなければ・・・。

 そしてReaderで読みながら自分の国語力が弱い(言葉を適当にしか理解していない)と感じたもので、電子辞書CASIO XD-Y20000を奮発した。日本国語大辞典精選版の例文通り「無理に了簡を取直して銭を奮発し(学問のすゝめ)」た訳だ。孫たちが日本語に堪能になって貰いたいとさらに奮発して娘たちに買ってやると連絡したが、そのお金で他のものを買いたいと・・・(T_T)。まあ孫もまだ小学校低学年だし・・・、気が早かった。しかしもの忘れ防止には電子辞書より苦労する紙の辞書が良いかもしれない。内容量から云えば紙辞書は敵でないけど・・・。

 もの忘れがはじまると手帳を使いなさい、とアドバイスを受けていたので電子手帳SHARP WG-S30-Tを購入した(シャープさんでは電子ノートと呼称)。外来患者さんでない方々を回って電子カルテに入力する際便利だろうと思ったからだ。映画を見ながら覚え書きとワコムBamboo slateを購入していたが、患者さんのことを書いては誰でも読める状態にあるし、claudに送るのもなあと病院で使う気にならなかった。WG-S30は大きさも今のショルダーバッグに入り数字四桁を入力しないと他の方には読めない。しかしビックリしたが、しばらく自分の書いた字が読めなかったので丁寧に書くようになった。(^^;内科医ハ字ガ下手デス、ヒタスラスピード第一(電子カルテになると違ってくるか・・・)。

 と、まあ、来たるべき時(高度のもの忘れ)に備えていたが、オフラインばかりだと気付いた(^^;不自由ナカッタ。そこでASUS ZenPad3 8.0を購入した(確認すると4ヶ月前)。ありふれたタブレットのひとつでスマホよりは気楽に出先でPCのテザリングが使える。これがあればスマホでなくガラケーで行くべきだったとつくづく思う。

 この四つが入った雑誌の付録、それが今のお気に入りである。v(^_^

P.S.
この組み合わせは? 書いているし判りますよね、御同輩。
          正直に()で追加しました。(^^;


もの忘れ [自笑狂夫老更狂]

 今年の五月末に病院を退職した。退職と云っても常勤を辞めて、非常勤で週二回お世話になることとなった。ブログを再開しようと考えていたが、書けない。六月からはじめようと書きはじめても短いものしかできず、ブログ開始が七月一日だったから、その日からと思ってもできなかった。

 Webと云う訳ではないが、 チョット掲示板のようなものに書き込んでいて書きやすくなった。歌を忘れたカナリアが少しさえずることを思い出したようだ。そこで意味もなく書いてみようと机に向かっている。自分の場合昔からだが、もの忘れ【娘の結婚式親族紹介の時にもう一人の娘の名前が出てこなかったV(^-^; 】について。

 準備していたカテゴリーをはじめる歳にもなった。最近は認知症などまあ老人に風当たりがキツイ。周りにはもの忘れが強くなり自分が認知症になっているのではないかとビクビク怖れている方々が多い。回復期リハビリテーション病棟などではスタッフももの忘れをされる御老人をすぐに認知症と結びつけられる。私と女房殿は早く認知症になり人生の苦しみを忘れ去ったほうが勝ちと競争している仲だがなかなかその境地にはたどり着けないのに。

 まず、もの忘れと云うがチョットしたものは人間の本能である。人はいちいち記憶して行動していない。玄関の鍵をかけたかどうか、出かけようとして覚えていないので確認したって経験は誰でもあるはずだ。習慣的に無意識に行う行動を記憶している訳がない。(このようなことが毎回だと問題だが)朝食を食べたかどうか忘れられた方が何を食べたかはシッカリ覚えていられることもある。

 思って欲しい。ヒトは一日中いろいろなことがあり全部覚えてはいないのだ。脳科学的にはどんどん忘れていっているらしい。その中で「記憶すべきこと」を判断し忘れなくしたのが記憶なのだ。高校生の時に当時ベストセラーだった山田霊林「忘れる技術」を読み、忘れることの大事さを感じた私から云えばあんなこと、こんなこと、イヤな思い出は覚える必要がないだろう。だからご心配なあなた、忘れることを怖れるより「記憶すべきこと(大事なこと)」を判断し覚えておこうとすることが重要です。

 実は山田先生の「霊林」が出てこず(^^; webのお世話になったが、先生は永平寺75世貫首になられている。オイ若いの、最近の流行り言葉ばかり知っていても永平寺を知らなければ多少恥ずかしい気持ちになる位は覚悟しておけよ。外人さん(私たちの世代は畏敬の念とともに呼んでいた)から永平寺ってどこにありますかと尋ねられてから慌てても遅いよ。

P.S.
 と云う訳で御同輩。多少忘れっぽくなっても大事なことを覚えていれば大丈夫。
 いや大事なことも覚えていないこともあると、そうなんですよね。(^^;私モ
 人生経験が増えると大事なことって減ってきません?そこが問題ですね。

P.S. omake
 パーミッションって「許可」と思っていましたが、掲示板の際には「権限」でした。IT業界の方って強気なんだ。(自笑狂夫老更狂につき気にしないでね)
自笑狂夫老更狂 ブログトップ
メッセージを送る