So-net無料ブログ作成
ケータイひとり言 ブログトップ
前の10件 | -

築地本願寺にいる [ケータイひとり言]

DCIM0189.JPG
 宿毛の自宅から数十mの所に清宝寺がある。小学校の時同じクラスに後藤さんと云う女の子がいた(もうおばあちゃんだが御健在かな?)。当時僕は仏教に関心もなく随分後に知ったのだが、彼女は後藤環爾の親類ってことになるらしい。まあ、後藤環爾と云ってもほとんどの方は知らないだろうし、この記事を書きはじめた築地本願寺にあるお休み処紫水で尋ねてもしらなかった。

 以下は宿毛文教センター(http://www.city.sukumo.kochi.jp/sbc/history/jinnbutusi/p015.html)からの丸々引用で、申し訳ないが後藤環爾の築地本願寺での業績としてご紹介したい(出先につき長文丸写しゴメン)。m(_ _)m

(/引用ここから)
築地本願寺の建立

後藤環爾の畢生の大事業は束京築地本願寺の再建である。大正12年9月1日の大震災は一瞬の間に大東京市を廃都と化した。ことに本所深川方面の被害は大きく、数十万の圧死者、焼死者を出し、生き残った者も住むに家なく、飲むに水さえない全くの生地獄であった。住民はすべて茫然自失、全く手のつけようもない混乱の中である。しかも交通機関はすべて麻痺し、人心は極度にすさみ、ついに政府は戒厳令を布いて治安を維持すると云う最悪の状態になった。

本願寺築地別院も、もちろん灰燼に帰した。ここは本願寺の東京における本部の所在地で関東の本拠の全滅は布教はもとより、あらゆる活動面でまことに手痛い被害であった。しかし彼はひるまなかった。断然起ち上って、この難民救済に乗り出したのである。彼等に何よりも先づ食を与え、寝る場所を供し、怪我人、病人の治療に当ることが先決問題と考え、本部と連絡して慰安休息所、簡易診療所の応急設置に乗り出した。築地本願寺の境内は4散した瓦礫、焼けただれた残材の取片付けの暇も無いのに、庭の片隅みに天幕を張って病人や怪我人の収容を始めたが、環爾等は不眠不休の活動で、当時を知っている人達の語る所によれば、どれがお医者さんやら、坊さんやら、又大工さんやら風体だけでは全くわからない格好で奮斗していたそうである。そうして青山、本所、宮城前広場、深川、猿江、三河島等次々に慰安休息所を開設して難民を救済し、又百方手をつくして医師を探して診療所を開いて医療救済に乗り出した。衆生済度、難民救済、云うは易いがこの非常事態に当面していち早
くこれを実行した本願寺の処置は、まことに当を得たもので、これを実行した環爾達は貧しい都民からは慈父のように慕われたと云うことである。

震災から日を経るにつれ、復興の金槌の音も次第ににぎやかとなり、都民のあの不安、焦燥、無気力も次第に失せて街は日に日に活気をおびて来た。環爾の本格的な活動がこの時から始まったのである。即ちそれは築地本願寺別院復興の悲願達成への道である。都民の真の立ち直りは、精神面の立ち直りにある。不屈不撓、安心立命の境地に導く心の道場の建設こそ、宗教家に課せられた課題であると信じた彼は、この荒野の中に世界的な大建築を建立する悲願を樹て、あらゆる困難と斗う決意の下に研究を始めた。

築地本願寺の再建には何人といえど、異議をはさむべき何物もないが、再建で先づぶち当った問題は位置であった。旧位置に復旧か、又資金その他の関係から郊外に適地を求むるか。喧々がくがくの中で彼は旧位置への復旧を固執した。例により強引で粘り強い彼の主張はついに通り、築地での復旧に決定すると彼は直ちに、建築委員長に藤原銀次郎氏を担ぎ出すことに成功した。

藤原氏は我が国実業界の巨頭であり、財界は彼の手で左右出来得るとさえ云われていた大人物である。彼の委員長就任が決定した時、環爾は事は半分以上出来上ったと云って喜んだと云うことである。それにつけても、こうした大人物に食いこみ、これをして委員長たらしめた環爾の手腕の非凡さに誰もが驚いたと云う。

築地本願寺別院の様式は全く世界に類のないものだと云われる。これは環爾が時の東京帝大教授伊藤博圧に研究を依頼し、その結果、立案設計したもので世界の宗教建築の粋を集めて立案したものであると云う。本堂正面や両袖は有名な祇園精舎の彫刻やマンダラの技法を取り入れた印度仏教美術の粋を模し、又階段から地階への構造は朝鮮美術の粋、慶州の仏国寺の型を模したものである。その他世界中の建築様式をそれぞれの個所に取り入れて仕上っているので、或る意味ではキリスト教の建築もマホメット教の建築も取り入れた全く新らしい寺院型式である。その上本堂正面が宮域を向いて建って居り水道栓を上下八方にひきどこからでも消火作業の出来るように設備されている。

こうして都の一角に世界でも珍しい大寺院が出現したことにより、彼は之を都民の心のいこい場として広く世間に提供した。宗派の如何を問わず、およそ宗教的、修養的行事には喜んでその利用を許した。当時から都民の間では何宗であろうと築地本願寺で葬儀を営むことが、一般常識にさえなったと云う人さえあるのを見ても彼が如何に大衆の為の建築として努力したかがわかる。とにかく築地本願寺の再建は彼の畢生の大事業であり、彼の心血をしぼっての成果である。
(/引用ここまで)

 もちろん小野義真・小野義一、引退後故郷に戻っていた林有造(岩村三兄弟末弟)ら当時の政財界で活躍していた宿毛の人脈による後押し・協力があっただろう。しかし宿毛のように東京から遠く離れた町の小さなお寺の住職が、ここまで活躍できたのはやはり後藤環爾自身の若い時からの精進の賜物と云うべきだろう。

 後藤環爾は昭和5年西本願寺の執行長になっている。また、清宝寺には小野梓の碑とともに早稲田大学による紹介板(早稲田大学総長 西原春夫名)がある。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

歳取ったと云うのだろう [ケータイひとり言]

歳取ったと云うのだろう
 スマホにして二ヶ月ほど経った。若い方とは異なるだろうアプリ (ゲームや動画関連はほぼない、WOWOWオンラインのみ) も当初考えていたより遙かに多くダウンロードした。電池寿命を延ばしセキュリティーを無視せずにと思うと苦労する。Docomoのものにしたが、折角クルマのナビと接続できても経路のデータがダウンロードできない。 BluetoothのDial-Up Networkプロファイル実装の有無のようだ。

 このDUNプロファイルでは15年ほど前の自宅パソコン通信のように送受信が済むと回路を切断しないと接続料金がかかる場合が生じるようだ(やり放題にしていないもので)。サードパーティー製のDUNをインストールするかと考えていたが結局やめた。まあ不便ではあるが、docomoが不要な料金を請求しないようにとの良心としておこう。Docomoのらくらくスマホは予め必要なアプリをインストールしていて、気儘にGooglePlayからダウンロードできないらしい。良く言えば安全に使ってもらえるよう、悪く言えばネット能力に年齢制限を設けているのだろう(^_^;。そう考えると親にスマホを与える際、らくらくスマートフォンは良い選択かもしれない(僕の場合もういないけど(^_^; )。

 この上迄はスマホ上でATOKのジェスチャー入力で行ったが、この入力が巧くいかない。速く入力するためには練習だ、便利に使うには片手入力だと左手の指に頑張って貰ってやってきたが全然速くならない。ボタンの位置は覚えて来たが、間違いだらけで打ってしまい、直すのに時間がかかる。今はpomeraキーボードをbluetooth接続しているが、このスピードが可能になるかどうか・・・。

 練習しても成果が出ず、間違いばかり打鍵してしまう。こういうのを歳取ったと云うのだろう。

P.S.
 従来の携帯よりは速く長い文章が打てるようになってはいる。だから、もう少し頑張ってみよう。 
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

日泰寺へ行ってきた [ケータイひとり言]

NEC_0261.jpg
日泰寺へ行ってきた

 日泰寺(タイから送られた仏舎利がある)の場所をmapionで見た時、娘のマンションの近くと思った。娘の家に行った時に、時間の余裕があれば歩いて行ってみたいと考えていた。昨日から名古屋に来たが、今日は雨。雨は止んだようだが、空は暗い。チョットあるからクルマで行けばと云ってくれた。先日までの寒さも緩んでいるし、女房殿と孫と一緒に行くことになった。

 借用したクルマのナビの調子が悪い。設定でもボタンによって思い通りの動きをしてくれない、決定ボタンの反応も悪い。どうにか設定して走り出した。設定できたのであえて裏通りから行こうとしたが、音声案内もなくルートの変更もされない、おかしいと思っているとクルマの位置が変わった。急に日泰寺をかなり行き過ぎた表示になったのであせった。適当に走り、信号が変わり先頭で止まったので一度エンジンを切って直ちに始動させた。うまいことに音声案内がはじまり、勘で走っていたが日泰寺にはかなり近づいていた。

 正面に日泰寺が出てきて駐車場をどうしようと考えたが、女房殿がお寺に入れるのではないかと。実際境内は広場になっていて、丁度入ってすぐ左側からタクシーが出たのでそこに入った。孫は熟睡していたのでエンジンを切らず僕だけが本堂に向かった。お坊さんがお経を上げ、ご本尊の前に年輩の女性が小さな椅子に座り頭を下げていた。簡素だがチョット雰囲気が違う、さすが無宗派のお寺。奮発したお賽銭でロウソク・線香を勘弁してもらい参拝。

 本堂から出ると、そこのセメント道の所へ二台のクルマが来て停まった。クルマに戻りあそこまで行こうと、移動。女房殿がドアを開けた時に孫も目を開けた。二人が本堂に向かっている間、周りを見ていると「釈尊御遺形奉安塔道 二丁」とある。寺務所へ行き半紙などに押している御朱印がありますかと確認しお願いした(欲しかった、遍路の納経料と同じ300円だった)、そこで仏舎利は他の所ですかと訪ねた。地図をくれたので、歩いて行くことにした。孫も機嫌良くついて来てくれる。

 お寺の裏には覚王山四国八十八カ所があった。地図をクルマに置いてきたが、うら覚えで詳細は覚えていない(^^;。見えてきた塔があり真っ直ぐそちらへ歩いて行く。塔と見えたのは第一軍戦死者記念碑(日清戦争の忠霊塔)、銃弾を模していると思ったが砲弾だった。塔の周りには大砲が配されている。英霊に頭を下げた後、道を戻った。角を曲がったお寺がその場所と確認。舎利殿もあったが、さらに奥に進む。目的の仏舎利を納めた塔の所へたどり着いたが、土塀が工事中。拝殿まで行けず、写真の外観を拝することはできなかったが、孫も一緒に手を合わせた。

P.S.
 写真は、土塀の外にあったポスターを携帯で m(_ _)m下手デゴメン
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

アカウント [ケータイひとり言]

アカウント

 ここ10日間、ブログに来られる方(閲覧数)が増加した。毎日書いていた頃は閲覧数で1000前後だったがあまり書かなくなって減少、それでも昨年四月までは毎日200名以上の方が来られていた。夏頃に、来られる方が150名未満が続けば頑張って書こうと思ったが、そのようなことは滅多になかった。映画を出汁にして思うことを述べたのが利いたかと考えている。

 最近投稿数が多いのは、読んで貰えると判るがPomeraDM100とUltrabookを購入したからである。しかし、来訪者が200名を越える状態がつづいているのはWindowsXPで自動更新が巧く行かないことがあったKB2729450について書いたからだ。最近は減ってきたが閲覧数をみると皆さん苦労したんだと思った。朝一番に自動更新に失敗したと判ったので、WindowsUpdateから更新しようとして仕事に行った。途中医局に帰った時ダメ、昼飯に帰った時にもダメ。そこで検索をかけてWindows XP Proさんの投稿をみたわけだ。これは面倒かなと思ったが直接KB2729450ダウンロードしてインストールできた。検索の時に日本語ではあまりなかったが(2chではあった)割りと問題が大きいようで、自分に禁じている職場からの投稿も仕方ないかと(^^;。Windows XP Proさんに、多くの方が時々やるように通りすがりの者として、コメントしようとしたがマイクロソフトのアカウントが必要だった。覚えてなんかいないと、仕方ないから
更に自分に禁じている職場からのブログ投稿(昼飯を食べながらだったけど二時を回っていたの?PSの時間かな)となってしまった。

 Windows 8機を入手して必要があり、マイクロソフトのアカウントを自宅にあるZaurusの記録で入れてみたがダメだった。結局新規登録してWindows 8機の必要ソフトを使えるようにした。Free版「Note Anytime」も入手した。今ならWindows XP Proさんに直接コメントできたのに・・・。

P.S.
 Windows 8機からNASの認識はアッサリいった。しかし、女房殿のWindows 7は再設定してもやはりNAS認識がダメ。またXP機(二台のNetbook)で一つはWindows 8機が見つからない、一つはWindows 7機から見つからない・・・。まあ、全体としては使えるので当面このままで。本格的なネットワークの管理者様大変ですね。リモートコントロールできるようにして一気に全部やっちゃうのでしょうか?そうしないと本当に大変ですから。

 ここの所、書きすぎたと反省しています(^^;。環境も落ち着いたので出てこなくなると思います。m(_ _)m
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Windows 8機 [ケータイひとり言]

Windows 8機

 昨夜はWindows 8機である新しいノートパソコンと格闘していた。結局洋雑誌を読む際には、Windows 8標準のReaderでなく、Acrobat Reader11をインストールして使用することにした。ソフトのメニューから回転させることができる。いつもは「CTRL」+Lで1ページ表示として読んでいたが、やはり大きさを調節しても余白が左右のページで違うので全体をいつも表示することは難しかった。大きさの調節なしでも読めるし改ページも簡単で良しとするか、または縦型で連続ページ表示(default)としてフル画面表示(1ページ全体は読めないが半分は余裕、だから二段組の場合文字が大きく読みやすい)でパッドで少しずらしながら読むか迷っている。

 さてWindows 8であるが、覚悟していたが参った(^^;。タッチパネルでないが、NXパッドで画面操作はまあまあか。直接ポインティングはできずパッドでマウスを使用する感じと、二本指でスクロール・拡大・縮小ができる程度だが。しかし、Windows 8はタッチパネル前提であることは間違いない。スタート画面のタイルはマウスでなく指で来てねと誘っている。思えばWindowsはハードの発達を促してきた。(DOSの頃からならEMSを買いましょう、)メモリを増やせ、HDD必須ですよ、フロッピィーでなく大容量の保存が必要でしょうとか。これからはタッチパネルが必須ですねと云っている(そういうことを考えながらやっていた)。僕のようにタッチパネルでないPCには次世代OSなのだろう。まあ、手に持ったときの軽さを選択したのだから・・・と納得しておこう。

 参ったなあと思っている僕に女房殿は「イイ、オモチャが来たね」と。(^^; しかし、悪戦苦闘していたのは画面操作でなくディスクトップ画面に行ってからだった。云われているようにスタートボタンがないこと。ここかな、ここかなとコントロールパネルを見つけたが、その後[Win]+Xで容易にPC管理にアクセスできると思った。立ち上げていたソフトは[ALT]+Tabで選択できるのは従来通り。勝手の違う新しいタイプのソフトには[Win]+Zで、痒いところに手は届かないが、使えそう。でも、ソフトを終了しなくても良いってのは馴染まないが人間慣れってものか。終了と云えばWindows 8自体の終了も参った。m(_ _)m程参った。(^^;

 ネットでチャームからと知ったが、すぐにショートカットを作る方法(項目の場所に shutdown /s /t 0)に行き着いた、こっちこっちと作成。それで、まあ本体は使用できるが、これからVista/XP/(古い)NASの混在した自宅のネットワークの設定だ。女房殿のWindows 7機で挫折して(彼女はNASへのアクセスは必要ないと仰言った・・・)放置している。巧くゆくかなあ・・・。行かなければUSBメモリを購入すれば良い話だが・・・、アッ持ってるからすぐでなくて良いか。
(^^;;;NASニ惚レタノニ

P.S.
 PomeraDM100からの初投稿です。こちらは何の苦労もない。v(^_^)
 辞書は便利です。QRコードはこれから(^_^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

PomeraDM20Yから最後の投稿? [ケータイひとり言]

PomeraDM20Yから最後の投稿?

 正直に書くとアマゾンでIdealPad Yoga 13の予約をしていた。しかし、機種を間違えてCore i5機を注文した。気づいてからもまあ良いかと思ってIEを終了した。しかし、CPUだけでなくメモリの差(4GBと8GB)もあり、やはりお買い得感があるCore i7機に変更しようと数十分後に注文をキャンセルして、さてi7機の再注文と思うとアマゾンの扱いが消えていた。アマゾンで準備していた数が売り切れたかなと思い、先の記事にも書いたが神のお告げかと(^^;;;。その後ショップの値段もほぼ同じになったが予約しなかった。(そう云えばこの機種は発売延期となったが、予約された方は入手できたのだろうか?アマゾンから予約が消えたのは売り切れでなく発売延期によるものだったろうか?)

 そうして経過をみることなったが、普段持っていないお金があると使いたくって仕方なくなる。ついPomeraDM100を購入してしまった。だから記事タイトルが「PomeraDM20Yから最後の投稿?」となるわけだ。m(_ _)m でも、折角Asus ZENBOOKを考えて以来貯めてきたお金が少しづつ使われて減っていく・・・。すでに発表されていた機種が市販されてくるが、この調子でお金を使うなら春夏モデルまでは待てないと覚悟した。

 そしてPCはハイブリッドやコンバーチブルでタブレットにならなくてはいけないか悩みはじめた。(^^; タブレットトシテモ使イタッカッタノニ(T_T)   タブレット型にすると患者さんに説明する時便利に使えそう(NOTE ANYYIMEに書きながら説明して記録を残しやすい)と思ったからだ。またPDFファイルを読む際に縦型ディスプレイが良く、タブレットなら容易だろうと思ったからだ。でも患者さんへの説明で格好(^^;をつけなければ、従来通り本や紙で出来ないわけではない。またPDFファイルを読んだりネットブラウザを使う時、PCを置いて使える環境で敢えてタブレット型にするだろうか?視度調節が衰えてピントの合う範囲が狭くなっている。短時間なら問題ないが長時間ならタブレットとして机に置くより従来通り横型(ノート型の通常形)として使い、時に縦型にして手持ちで見ることになるのではないだろうか?Netbookは、そうして使っている。

 [CTRLキー]+[ALTキー]+[矢印キー]で画面方向を変更して手持ちで使う(こともある)のはNetbookの常識だ。そう考えると注文の時Yoga13はEeePC 901-Xより重いんだと思ったから、重量が気になった。ネットで調べてみるとNECに軽いのがある。Yogaと同じく13.3インチだがEeePC 901-Xより軽い。タッチパネル液晶ではないが、MSオフィスがバンドルされている。僕の場合、Accessデータの一覧表示にWordを使ったものがあり、それが必須である。

 そうなると手持ちで軽く、バンドルソフトにMS Wordがあり、タブレットとして使うよりも僕には向いているかと、NEC LaVie Z LZ750/JS PC-LZ750JS をぽちりました。(まあ、アマゾンからYoga13が消えた神のお告げ(自分の失敗だから、神のお告げとしておく (^^;)は新機種発表まで様子見で、これを買えってことではなかったと思うけど・・・、重量0.875g、Netbook-EeePC 1000H-の代わりに悪い買い物ではない。Windows8に慣れないと大失敗になるかも・・・。 (^^;歳ダト感ジルコト多シ)

P.S. 1
 手持ちの際、EeePC 901-Xだと見開きにして単行本を読んでいる趣だったが、本機だと週刊誌を見る雰囲気かな?

 今回は失敗してからMade in Japanを中心に検討した。友人からも絶対国産を買えと云われた(^^;。でも、この軽さは大きな性能だ。今のところ他社を引き離していると思う。もの作りの皆さん、頑張って下さい。

P.S. 2
 QRコードを読ませている時、チョット気になる書き方があったので直接投稿せず、PCメールに送り訂正後投稿しました。

さらにP.S.(2012/11/27)
 本機では[CTRLキー]+[ALTキー]+[矢印キー]が効きません。Readerを立ちあがると[CTRLキー]+Rで右回転します([CTRLキー]+Lはない)。そのままで充分読めますが、余白があると拡大しても改ページでもとの大きさに戻ってしまいます。

僕の情報端末 [ケータイひとり言]

僕の情報端末

 先日EeePC 901-Xを改造したことを書いた。その後、NAS上に置いていたACCESSファイルにアクセスした所、結果の一覧表をWordに出力しているもので、単独では共有参照にEXCELやWORDがなく使えない。(T_T) 新たにデータベースを作り直さなければいけないのでACCESSをアンインストールすることにした、残念。

 ところで情報端末として業務で使用なさる方々は別にして、一般的に情報端末の使い方ってどんなだろう。若い方々はタブレット(頭の中には娘が見せてくれたiPad)やスマホで容易に必要なWEB上の情報にアクセスしている(ようだ)。羨ましい限りであるが爺(私のこと)には必要な情報よりも不要な宣伝や情報に圧倒される。ある所で情報端末といっても企業の顧客開発の情報ばかりだと云った(呟いたと書いたがtwitterと勘違いされるかもしれないので直した)ところ、周りから受けた。v(^_X) まあ、そのように感じるのは私だけではないのだろう。おびただしい新製品を買え買えと洗脳するようだ。そう云えばApple社の宣伝費はかなりなものらしい。

 私の場合、少々遅くてもnetbookは役割を限定している限り文句はない。ただ、ひとつ決定的に駄目なのは当方の老眼のせいだ。今でも眼鏡を外して目の前に持ってくるとかなり見えるが、疲れる。以前電子書籍リーダーが欲しくなったが・・・にも書いたが洋雑誌のPDFファイルが楽に読めるものが欲しい。メールで大量に送りつけられてくる医療情報も、まあ大事だろうが、こちらが評価する前に次から次へと情報量に圧倒されるわけだ。要・不要の判断が上手くないのだ。

 そこで1.洋雑誌(雑誌内科も2010年分から対応)のPDFを楽に読めて、2.ACCESSを使うことができ、3.医学書院のDVDをインストールし現場で参照したいとなると、やはりPC(私の場合Windows)となるだろう。実はそのような機種が良いかと思いAsusのzenbook以降悩んでいた。

 しかし娘からiPadを見せられると当然タブレットが欲しいとなる。そうなるとWindows8でタブレット兼用タイプかと・・・。これから暫くWindows8に注目したい。Windowsとアンドロイドと最終決戦?共存?MSが商法を変えたようだが吉と出るか凶と出るか・・・。ある程度Windows8機が発表されてから、入手しようと6月頃からお金を貯めている。(そのお金でXPもぼつぼつかと、EeePC 901-XをXP最終型で使えるようにしたわけだ。一万円かかったが)。

P.S.
 しかしディスクトップでディスプレイを縦型にして使っても、あまり勉強しないからなあ。(自爆)

 実は送られてくる情報の質ってと書こうと思っていたが、今考えている自分の新機種のことに流れてしまった。と云うことは女房殿への洗脳用か。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

大国考(中華人民共和国は大国か?) [ケータイひとり言]

大国考(中華人民共和国は大国か?)

 いつの頃か忘れたが中国が日本を研究して、日本は一流国だったか大国だったか、そんなたいしたものでないと結論づけたと報道されたことがある。その正確な内容、発表は何時だったか、そのメディアが何だったかをネットで裏を取ろうとしたが残念少々ググった程度ではヒットしなかった。中華民国に代わり中華人民共和国が国連に参加し、ある程度時間は経ていたが、まだまだ当時の中国は現在のパワーを示すこともなく、多くの日本人からはお前に言われたくないと感じたようだった。

 僕は、このブログのいくつかを読まれた方には判って貰えるだろうが、アメリカ追従でやってきた日本が一流国とも大国とも思っていなかった(^^;ので、まあそうだろうと。むしろ、国際社会に復帰した中国が「経済大国」から「国際的な大国」を目指す日本をアジアの同僚としてパートナーと成りうるか真摯に検討したのだろうと思われた。日本の財産は勤勉な向上心である。その結果として大国扱いされることがあっても、勤勉さと向上心を捨てて国際的に生き残ることは難しい国と思っている。どこで読んだかも忘れたが、日本って国は大国意識を持ったり海外への声が高まると失敗するってのもあった。だから中国から大国だと云われても日本のためにならなかっただろう。

 こんなことを書くのは、もちろん最近の日中関係が気になるからである。中国人にはやり切れないかもしれないが、日本が「大国」と云う以上に中国が(国名としては仕方ないだろうが)「中華」を掲げるのはもっと嫌いである。私は(大人君子の)大人としての中国を尊敬している。たとえば、老子第六十一章大國者下流。天下之交天下之牝。牝常以靜勝牡。以靜爲下。故大國以下小國則取小國。小國以下大國則取大國。故或下以取或下而取。大國不過欲兼畜人小國不過欲入事人。夫兩者各得其所欲大者宜爲下。のような態度が取れるならば中国は「大国」と認めよう。

 残念ながら真摯に日本を研究したであろう中国指導部が、安い労働力を目標に流れ込んできた資本による発展を自分たちの政治力・手腕によるものと錯覚されているのでないだろうか(その民間の資本力が共産主義以上の発展を社会にもたらすのです)。丁度、二十年前に日本が経済大国と錯覚したように。

 中国が大国になるためには南シナ海などでの領土的野心を捨て、周辺国との摩擦をなくすことで尊敬される国になることが必要なのではないかと、最近の中国を見ていて思う。確かに中華民国との関係で遅れて国際政治に参加した経過はあるが、あまりにも好んで摩擦を生じ軍事力を増強して無理押ししたがっているように感じられるが・・・、「大国」中国の態度ではないだろう。はい、領土的に日本は「小さな国」であり中国は「大きな国」とは認めます。かっての勤勉さと向上心さえ失っていなければ、日本はまだまだ領土に較べ「大きな国」だとは思う。

P.S.
 失っていなければと書かなくてはいけないのが辛い。あの戦争の後でも日本人は勤勉さと向上心を捨てなかったのだ。バブルの記憶が鮮明なマスコミの言い分に囚われずに頑張ろう!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

これは、「ボメラPC10000」なのか? [ケータイひとり言]

これは、「ボメラPC10000」なのか?

 僕はポメラDM100を買うつもりでいる。しかし、DM20Yも気に入っているのですぐに買わなくてはいけないと思っていない。ところがチョットした浮気心で、EeePC 901-Xに改造を加え、遊び心でジャストシステムのソフトを入れ込んだ。モバイルとして持ち出さない限り、ポメラで書き込んでQRコードで携帯電話に読み込みブログ登録するとほぼ同様に使えそうである。賢いPC版ATOKが利用できるので、ボメラPC10000なのかと・・・。

 以前、「テン」 と題してnetbookのことを書いた。そのPCはEeePC1000H with Officeだった。パーソナルと言えどオフィスが入っていたので非常にお買い得な感じだった。その時今まで使っていたPCのキーボードが小さいと書いたのはEeePC 901-Xだった。こちらは以後布団の中でのWEBブラウザ用に使用していた。901-Xに対する改造とはSSD交換(8G→32G)とメモリ交換(1G→2G)であり、ネットなどで良く紹介されているものだ。

 EeePC 901-X改は予想以上に快適な動きをしてくれる(改造前はプチフリーズが多すぎた)。そこで予定通りMS Accessをインストールしてもまだまだ余裕のSSD、何を載せるか考えた際に一太郎・花子・三四郎・Agreeなどのジャストシステムスイートを思い出した。

 DOSの頃に一太郎のお世話になったこともあり、なにより徳島への想い出でもって、これが手切れ金と思いながら時々ヴァージョンアップをしていた。PCにインストールしてもATOK以外はほとんど使用することもなくなっていた。一度久しぶりに一太郎を立ち上げたとき、プロフェッショナル画面というものが良い雰囲気だった。それを思い出したのだ。

 辞書は広辞苑と、横文字を読むときにお世話になるドクターマウスをインストールした。ドクターマウスは辞書引きもできるが、英単語にカーソルを当てると辞書内容が表示されるソフトで、横文字文献をMS Wordをリーダーとして使用する時頻回にお世話になっているものだ。一太郎ではCTRLキーを押すことでカーソル位置の文字が対象となり辞書内容がナレッジウインドウに表示される。文字入力に際してポメラ並みに便利に使えるわけだ。

 EeePC本体でも最低レベルだがキーボード入力もできる。最低レベルといっても窮屈なだけでタッチタイピングはまあ可能なレベルであるが、手を若干浮かし気味にしていないとタッチパッドに触れ、変換前の文字が不用意に確定されたり、他の場所に入力してしまう。そこで「テン」に書いた廉価なキーボードを使うことになるが、ポメラDM20Yより楽である(DM100は知らない)。

 ポメラでは文字入力・辞書の利用とくると後は、QRコード作成だ。これはスマホや携帯電話にテキストを読ませて送信するために必要なのだが、一太郎ではテキストとして直接メール送信が可能である(最近のソフトはメール機能有するもの多い)。今から送ってみる。巧くできればQRコード変換がない分、楽にブログ登録ができるというものだ。まあ携帯に比べて何処でもとはならないず、ポメラDMならぬボメラPCだ、機能的には10000台にはなるだろうが・・・。デスクトップからやればと・・・、それを云っちゃお仕舞いです。

P.S.
 折角のジャストシステムのソフト。使ってみようとチャレンジしています。
 一太郎自体は良いソフトと思うけど・・・、ファイルはWordでってことが多いよね。
 Alt+Tabでweb(IEを起動していれば)にも容易にアクセスできる。

 なぜか直接メール送信できず(SMTP認証が不能?)、Shuriken経由で送信。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

高橋克也さん逮捕 [ケータイひとり言]

高橋克也さん逮捕
 オウムの逃亡容疑者高橋克也さんが逮捕された。TV(NHKの昼のニュース)で普通の人へのインタビューで不安だったかと問いかけていた。二人の人が不安だったと答えていた。

 警察は全国的に探していたようで、女房殿の知り合いがやっている遍路宿にも探してきたようだ。そこで女房殿は高橋さんは四国へ来ていると話すほどだった。でも私には不安とは全く思わなかった。

 たとえ四国に来ていても、菊池さんや高橋さんが凶悪なことをする心配はないと思っていた。確かに凶悪な事件に関わり大きな役割を実行していたかも知れない。だから、これまでの判例から死刑に相当する可能性も高いと、いざとなると他の人に傷害を与えて逃げるかもしれない。しかし、元々は凶悪な人ではないと思う。

 この十七年間の生活も凶悪という言葉とは、かけ離れた生活だったはずだ。だから本当に四国へ来ていて、遍路中に高橋さんと遭遇していても、目の前で大騒ぎしない限り、不安を覚える必要な全くないと思っていたのだが・・・。不安だったと答えられた方は本当に不安だったのだろうか?むしろインタビューで期待通りの答えをしただけだろう。

 不安感を押しつけるマスコミ(今回は NHKだが)にオイオイまだまだアメリカ社会にしたいのかと思うと同時に、今日はもっと報道・解説すべき政治的に大事なことがあるでしょうと思ってしまう。どうだろうか、マスコミ諸子。

P.S.
私?増税やむなし。しかし、今の民主党に増税の資格はない。あれっ?小澤さんと一緒になっちゃった。まあ私は責任論で、あの方は選挙の展望だろう。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - ケータイひとり言 ブログトップ
メッセージを送る