So-net無料ブログ作成
検索選択

寺田寅彦先生 感激!! [ひとり言]

寺田寅彦先生 感激!!

 Web ポータルサイトでは台風五号北上、明朝四国(または高知)上陸かとトップに表示されるようになった。昼食は外食でと出かける準備をしていると、ザッーと激しい雨が降ってきた。数分もすると晴れてきて雨に気付かなかった家人もいたくらい。昼食がすんで駐車場にいると吹いている風も強くなく雨も降っていないが厚い雲・薄い雲からの光り具合が嵐の前触れのようだった。また先日書いた車の接触事故の修理ができ自宅へ届けたいと連絡があり、情報では中村で風雨強く、高知の天候が悪化しない前に来たいとのことだった(すでに納車、まだ強い風雨ではない)。

 それで気象庁台風情報(気象庁)にアクセスして台風が九州・奄美に来てから予測が徐々に南のほうになっていることを確認。18時予想では台風の中心は高知市の南通過し、速度は15Kmと速くなっているが依然ゆっくりだ。

 題名の寺田寅彦は岩波文庫版の随筆集を高校時代から読んでいる。路面電車が満員で来れば、次の電車は空いている状態で早く来るって本当だなあと実用的でもあった(東京では通用しないか?同じトデン(土佐電鉄)なのに (^_^; )。今回の記事は、天災は忘れた頃にやってくる(台風前としては少し縁起が悪い)って言葉でなく気象庁の webのこと。上のほうにホーム・防災情報・各種データ・資料・知識・解説・気象庁について・案内・申請とあり、天気予報や地震情報・噴火情報は防災情報のタブにある。暇にまかせて各種データ・資料のタブをクリックすると、情報ズラリとあり気象庁頑張っているなあと感服。あちらこちらクリックして震源リストに辿り着いた。そっけない画面だったが、年月をクリックすると日単位でのリンクが表れた。もちろん適当な日を選んでクリックするとその日に日本列島で記録された地震がマグニチュード・深さを円の大きさ・色で表示される。震源決定には気象庁、国立研究開発法人防災科学技術研究所、北海道大学、弘前大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、高知大学、九州大学、鹿児島大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国土地理院、青森県、東京都、静岡県、神奈川県温泉地学研究所、国立研究開発法人海洋研究開発機構、IRISの観測点、および2016年熊本地震合同観測グループのオンライン臨時観測点(河原、熊野座:2016年5月9日以降)のデータを使用していますとあり、寺田寅彦なら大喜びだろうなと思った次第。またこのデータがあれば、他のデータもあるだろうし、地震予報も正確さが増してくるのではないかとも期待した。もちろん行われているだろうがコンピュータによるシミュレーションも必要だろう。π(パイ)の計算に多数のパソコンを利用する試みがあったと記憶する。気象庁の音頭取りで希望者のパソコンを開放してシミュレーションする試みがあれば参加しても良いと思った。

P.S.
 夏台風は迷走するし朝の天気予報(テレビ)で関東地方には来ないと云いきった方、大丈夫かな?今でも淡路島から神戸への予想だが、昨日の夜は四国の北を通るでなかったっけ。迷走する夏台風だがUターンだけはしてくれるなと思う。
nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る