So-net無料ブログ作成
検索選択

アベノミクスって [社会経済妄想]

アベノミクスって

 昔、こんな話を聞いたことがある。レーガン大統領にある経済学者が、横軸に税率そして縦軸に税収のグラフを紙に書きながら説明した。税率が 0%ならば税収もない。高くなりすぎると労働意欲がなくなり働かず税収も減少する。つまりゼロからなら税率が高くなるに従い税収は増加するが、ある点からは税収も減収する上に凸のカーブを描く。そして当時の税率はその点を超えているから減税をすることで税収が増加すると。レーガン大統領はなるほどそうだと減税したが、残念(国民、それ以上に企業はバンザイか)税収は低下しアメリカ財政は悪化したと。

 アベノミクスってこの話に似ている感じがする。レーガノミクス・アベノミクスと名付けたのは誰だろう?なんとなく富を独占しようとする金融関係者御用達の経済学者によるものでないだろうか。いや、いつもの妄想なのだが・・・。すでにアメリカの金融関係者は大きな利益を得ているのではないかとの報道(「アベノミクス」で大もうけ 円安利用、米ファンド:2013/2/14 15:50, 東京新聞(他) ニューヨーク共同)もある。

 株式市場の好況が伝えられるが、昨年も一・二月は株価は上昇していたのではないか?確かに今年のほうが上げ幅は大きい。他の産業界を見るかぎり今のところあまり実体がなく、なんとなくバブルの臭いがする。アベノミクスで唱えられるインフレ率2-3%物価上昇が目論み以上になれば、国民生活はかなりきつくなる可能性がある。もう一つの目論見である企業業績の改善に伴う雇用の拡大が伴えば我慢できるだろうけど、その業績を吸い上げるビッグマネーのみ潤うことになれば何をやっているのだろう。いつもの妄想であれば良いのだが・・・。

 僕は自由経済が世界の発展に寄与したと認めることにやぶさかでない。しかしお金について考えてから、、現在欧米が唱え日本も参加しようとしている国々が市場原理を放置する現在のやり方は金融(パワーを持ったお金が集まった所)のみを膨張させる大きな誤りと思われる。この誤りはアメリカ国民がノーという(その実態は判らないが大構造革命ですな)まで世界で続くことになるのだろうか?一部の人のためにお金を刷っているってことか。富を独占しようとする金融関係者御用達の経済学に基づいて・・・妄想かな?アベノミクスってそんなものでないと良いのだが。

P.S.
 久しぶりに書くとP.S.に何を書いて良いか判らない(^^;


迷った末の結論 [ひとり言]

迷った末の結論
(元の題は”迷っている”でした)

 トランステクノロジー社TRANSGEAR APX-3000と云ってもご存じない方がほどんどだろう。ネットワークオーディオ機器のはしり的なもので、アナログ出力をアンプに繋げばインターネットラジオはもちろんNAS(DLNAサーバー)上の音楽を聴くことができる。ネットで安く売っている際、便利そうと購入したので値段も高いものではなかった。当時としては、小さなブルーディスプレイ(ブラウン管の頃グリーンディスプレイというのがあり、ブルーの液晶だから。正式名称かどうか知らない)に曲目・演奏者が日本語表示されるだけでありがたかった。だが、その便利さとは裏腹に外見が試作品かと思うさりげなさである。

 最近はネットワークオーディオ機器もMP3再生時の補間技術(補完かなあ?)を謳う機種もあり、本格的コンポの一員になっているようだ。物欲は遠ざけたいと思いながら(^^;ネットで調べると、様々な形態(ミニコンポ・アンプ一体型など)でインターネットラジオ/DLNAクライアントと同様なことは可能だが、やはりコンポで行きたいと思った。お値段はヤマハNP-S2000でうっと思うとLINN社のものは高級オーディオの世界、目の玉が飛び出た。なにせTRANSGEAR APX-3000のユーザーだから・・・。(^^;そしてパイオニアN-50にたどり着いた。いろいろ問題はあるようだが、コストパーフォマンスが最高とされているらしい。どうせ歳とともに高音は聞こえなくなっていると思っているが、この機種は高音が強調気味とのこと。むしろ良しとしたい。

 しかし、本当に必要かと考えると迷う。TRANSGEAR APX-3000はインターネットラジオの更新が、バンドルされていたソフトをインストールしたPCが壊れて、出来なくなっている。ラジル・ラジルをはじめ日本語のインターネットラジオはほとんど聞くことができない。それと音質の向上が購入によるメリットだろう。そう考えても僕のオーディオシステムは、昔のもので音量を上げないと良い音にならない。ひと頃気持ちよく聴いていると無言電話がかかってきた。m(_ _)m 音量を下げてしか聴くことが出来ないので、改善された音を満喫できるかどうか・・・。新しいCDを買っていないのでリッピングした新しいファイルの追加もなく、ステレオを聴くことが少なくなっている。

 今ならLINNは無理でもN-50/NP-S2000であれば買える。しかし、もうすぐ春。遍路に行きはじめると買わずにおればもっと余裕ができるのにと後悔するかもしれない。迷うなあ・・・。コストパーフォマンス優先にするとTRANSGEAR APX-3000だったりして(^^;売ッテナイケド。

P.S.
 昨夜書いて、今TRANSGEAR APX-3000で聴いてみた。まだ大丈夫が結論。登録しているラジオ局My Added Stationで最初のJAZZIZ Stationsは聴けなくなっていたが、次の1.FM 60's 128Kでいきなりビートルズのイエスタディーがかかった。ボリュームを大きめにしていたこともあり、ウンまだまだ大丈夫。その後Blues・Classic Rock・Folk・Jazz・RnBの所で任意の局を選択してみたがチェックした大部分の局は聞ける。その後NAS にアクセスしてジャズ・ヴォーカルを聴いている。

 素晴らしい再生装置で聴くと自分のシステムで聞けない音があるのも承知(ショックを受けたこともある)、沼を避けて辛抱してきたのだから今のところ良しとしよう。

 昨夜ネットでいろいろ見ていてスピーカーの買い換えかなと思った。(^^;ウン、全体的ニ見レバスピーカーダネ。しかし、スピーカーは思い出があり替える気がない。当面、このまま。

P.S.へのP.S.
 以前からケーブルにこだわる方は多かったが、最近はケーブルって非常に高価でこだわりも強くなっているようだ。僕は以前からその金が有ればレコード/CDを買うことにしていた。やはり貧乏なんだな。でも金が制限なく使える状況じゃないのでそれが正解と思っている。

新しいP.S.
 "JAZZIZ" Stationsのスペルが間違いないか確認のためにラジオのほうに行き、1.FM 60's 128Kにした所"ワシントン広場の夜は更けて"・ハンク・ウィリアムズと思う・"涙のチャペル"と続いた。懐かしいなあ。

土佐の高知はいざなぎ流 [その他]

土佐の高知はいざなぎ流("ローカル番組なのだがNHK"より改題しました)

 この番組はBSプレミアム新日本風土記(毎週金曜日午後九時)の2月8日放映「高知 神々と棲む村」の高知版(だから棲むにふりがな?)のようで、オリジナルはすでに全国放送されていました。今回の放映時間は45分で内容が若干短縮または変更されているようです。以下は上記サイトにあったNHKポスターから
なんで忘れちゃうんだろ。 山の神さま、水神さま、八百万の、おかげさま。 最近、周りは、オレサマだらけ。
 巧いこと云うと思うが、いざなぎ流には似合わない?(^^;

 先ほど慌ててTV番組の予約をした。 NHKだが、高知ローカルの"とさ金8"の今夜のプログラムが「物部 神々と棲(す)む村」なのだ。これはきっと全国放映になるのでないかとご紹介。全国放映にならなければ余程纏め方が不味いのだろう。
m(_ _)m偉ッソウニゴメン

 興味のある方は題名だけで、取り上げられる対象はすぐ判る。僕も高知に戻るまで知らなかったが、30年ほど前はじめて知った。エッー嘘ォー!!と思った。これはもう学者先生方もウソォーと感激したことなのだ。民間信仰と云うことになるのだろうが、"いざなぎ流"のことである。

 こんなものもあるのかと書物も数点購入したし、久しぶりに本格的な祭儀がなされたと発売されたビデオは即決で購入した。僕の感じでは、高知の山奥で続いてきた独特の信仰であるが、やはりその土地柄が関係しているのだろうと思った。そこでは小松姓が多く、平家由来だと云うことだ。山奥に知識人がかなりいないとあれだけの体系化は難しいとなれば落武者としての平家関係者集団を想定しても良いのだろう(との説-覚えてないけどあったと思う-に納得した (^^; )。落武者であれば、中央と連絡を取らず何十年何百年ひっそりと生きている間にさまざまな変化を来したものでないだろうか?もしくは、落ちてきてこれからはじまると、"いざなぎ"を持ってきて統一化(神仏を呼び集めた?)を図ったとか(以前から他と隔離されたなら母系社会で"いざなみ"かもしれない)、これはいつもの妄想。

 祭儀のビデオを見て祭壇が、田舎の本家がお盆の時に作る迎えるための祭壇によく似ているなあと感じた。しかし御幣の多様さ見事さが印象に残った。ネットを見ると歴博にこんなもの(「いざなぎ流-御幣に見る祈祷の造形-」)もあった。まあ、僕の性格だから隆盛を極めるいざなぎ流なら罵倒するかもしれないが、地域を支えていた信仰が滅びようとしているとなると頑張って欲しいとなる。

 はじめて「いざなぎ流」って言葉を聞いて、もう少し知りたいって方はいざなぎ流 祭文と呪術テクスト 梅野光興先生(高知県立歴史民俗資料館)に資料として一部が出ています。まあ、御釈迦さんに惚れて上座部仏教徒なんだろうなと思っている僕だから、面白いなあと思っている程度ですが・・・。

 高知さんさんテレビが制作して第10回FNSドキュメンタリー大賞にノミネートされた『辺境の神々~土佐・奥物部 いざなぎ流の宇宙~』を上回る内容か、今夜のローカルNHKが楽しみである。

P.S.
 ネットで太夫さんは世襲でなくフリーで嗣ぐと書かれていますが、むしろ病弱で山仕事が出来ない方が嗣ぐものとの認識もあったようです。助け合って皆が生きて行く素晴らしい智恵と思います。山仕事はきついからなあ。

 高知と行っても幡多とは何の関係もないです(念のために)。

(TV観た後)
 映像もキレイで内容も納得です。
 信仰って信じることだとつくづく思いました。ある意味羨ましい生活(お金には縁遠い)。

 研究者の間ではいざなぎ流発祥と平家の関係は少ないとされているようです。妄想御免で記事はそのままに。m(_ _)m

メッセージを送る