So-net無料ブログ作成
検索選択

第六十四番札所 石?山前神寺(金色院) [四国遍路]




第六十四番札所 石?山前神寺(金色院)



<<住所>>愛媛県西条市州之内甲1426
<<電話>>0897-56-6995


<<本尊>>阿弥陀如来
<<開基>>役行者小角
<<宗派>>真言宗石?派
<<御詠歌>>前は神うしろは仏ごくらくのよろづの罪をくだくいしづち

<<駐車場>>あり(30台無料)
<<宿坊>>なし


本ブログの四国遍路にはじめての方へ



 申し訳ないが、本ページの?は「金+夫」である。第三水準の漢字のようで以後この漢字を使用すべき所にも「鎚」を使用する。石鎚とスッと読めるほうが楽だろう。


あちらこちらで良く見られますが(^_^)


 木魚をあたまに休まれる小坊主さんをトップに持ってこようと思いましたが、あまりにも目に付く像なので、ひっそりと隅のほうにいらっしゃるこちらを。でも、後述の階段下にある像で、石鎚と前神寺の関係を見詰めてこられたと思う。


日野駒吉氏像


 墓地の一角にいらっしゃる日野駒吉氏の遍路姿。台座にも記されていたが四国五十度、小豆島百度、石鎚登山百度巡拝された地元西条の方である。オレは、ワタシは、それ以上回ったと仰有る方もいらっしゃるだろう。でも、この像は記念に講中の人々が建てたもの。他の方々が建てよう!!という気持ちにさせる方だったのですね。写真を撮った時は載せることはないだろうと思っていましたが、講中の方々が建てたと知って、参道を歩いているとまず目に付く像でもあり尊敬の念を込めて。


鐘楼


 境内に入って右手側、なかなか大きく立派は鐘楼です。


木魚を頭に眠る小坊主


 ネットで見ると第二番極楽寺(双熊堂本舗さん)・高野山(季節のアルバムさん)にもあるようですね。ネズミが居るので雪舟かと思いましたが、調べると柱に括りつけられていたようで違いました。前神寺さんの疲れ小坊主君は、本堂・大師堂に行く前に遇えるので目立ちます。


大師堂


 境内に入ってチョット遠目ですが正面に大師堂があります。左手の建物は庫裏・納経所です。実は最近20Kmほど歩く練習はしているのですが、勤務体系がチョット変わり数日掛けての歩きが難しくなって写真だけを撮るために札所廻りをしています。納経をしないので写真だけ撮っていましたがチョット違和感がありました。三間龍光寺からお参りもするようにしました。遍路の時と同じく本堂・大師堂だけですが、気分的に違和感が減ってグッと楽になりました。しかし見ていると一人か二人連れのクルマ遍路さんって参拝を端折っておられる方が多いようです。


金毘羅堂


 同じ「権現」様だからでしょうか。金毘羅さんが祀られていました。本堂に向かって右側にあり、奥には大きな石版の修行大師像(大正五年三月吉日)もあります。


穴薬師


 反対側には穴薬師。薬師如来と地蔵菩薩が祀られていました。



華蔵


 また本堂に向かって右側にあるもの、石碑ですが「華蔵」と読めます。パッと見には「華厳」かと思いましたが・・・。後の字の右下処理が「蔵」のほうだろうと考えました。それで・・・、華蔵って何?


水子地蔵


 今日(2012/09/07)川之江池田間のドライブインで、宝塚の方から水子供養についてお説を伺いました。それまでは、札所全体にこれほど水子地蔵が要るのかと思っていましたが納得です。お接待するつもりで昼食を摂られたかどうかお聞きしたのに、こちらがご馳走になって申し訳ございませんでした。m(_ _)m >宝塚の方

 高校の先生で生徒が妊娠して、堕ろすことを勧めたならあなたも責任があるかもしれない。菅さん菅さん、あなたが首相であった時経済的に恵まれず堕ろさざるを得なかった責任はあなたにもあるかもしれませんよ。勿論必要以上にお金を蓄えてしまったあたなにも・・・。会社のために若者の首を切ったあなた・・・。宝塚の方の説を拡大解釈しましたが、確かに。


十三仏


 十三仏とは、中国で亡くなられた方の審判を行う十王(その内の一つが閻魔王)思想に基づいている。中国で冥界信仰の場である泰山に由来する泰山王もいる。その十王に仏陀・如来・菩薩を本地させ(例えば閻魔王は地蔵菩薩・泰山王は薬師如来)、日本で蓮華王(阿?如来:?はシュク)・祇園王(大日如来)・法界王(虚空蔵菩薩)を付け加え十三体にしたもの。

 十王は道教と仏教の合作による「閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土経」によるらしいが(Wikipediaによる)。元来の仏教にはなかったもの。また、荘子の考え方とも違うようだ(老子って死後を語ったっけ?)。また、阿?如来と大日如来が加わったのは真言宗によるものだ。浄土真宗では浄土に成仏するとキッパリと否定されている(しかし女房殿は浄土真宗だが、追善供養をしたなあ・・・)。判らないことを書くなって?自分で調べてよ。自分で信じてよ。

 本堂に向かって右側、浄土橋の手前にあります。


滝不動


 浄土橋を渡らなくても見えているが、橋の本堂側にある。流れてくるものが着色して行くのか良い雰囲気になっている。実はこの後豪雨に見舞われるのだが、残念雨具を準備していなかった。カメラは雨に強いと定評のあるオリンパスE-3だから雨の写真は望む所だったが・・・。


弁財天


 不動の右手に小さな祠が二つ。手間にあるものは弁財天を祀っている。


稲荷社


 弁財天の奥に小川(浄土橋で渡る)に接してある祠はお稲荷さんだ。


本堂遠景


 階段を上ると本堂が見えてくる。左右の長い回廊は昨年か一昨年に付け加えられた。


護摩堂


 護摩堂では不動明王を祀っている(護摩堂って不動明王か愛染明王を祀ることが多いらしい)。


薬師堂


 穴薬師もあるが、薬師堂もあります。まあ穴薬師のほうは地蔵菩薩とご一緒だし・・・。


石鎚権現堂への階段


 前神寺の「神」は石鎚の神であり、神変大菩薩(役小角)が山頂で修行中蔵王権現を感得し、石鎚山に鎮護国家・仏道修行の道場を開山した。その後上仙道人が山頂への道を開いた。桓武天皇が病気の折「南海に霊峰あり石鎚蔵王大権現鎮座のところ霊験あらたなり」と聞いて、勅使をはしらせ病気平癒の祈願をさせ病の経過が良かった。そこで七堂伽藍を建立し金色院前神寺とした。

 空海も石鎚に登り求聞持法を行い霊場に指定したとされる。石鎚山山頂近くの成就に前神寺の出張所があり奥前神寺と云い、本来の札所はそちらであるが、遍路の訪れるのは里前神寺とされていた。

 ところが明治維新の廃仏毀釈により、里前神寺の境内・建物・参道・寺領全て没収となり、石鎚神社が設立された。その際前神寺住職大律上人が信仰の中心石鎚大権現を奉じて現在地の末寺医王寺に札所を構えたが前上寺(神の文字使用を禁じられた)と称さなくてはならなかった。そして信者の力ですべてを新しく作り直し昭和22年真言宗石?派前神寺として独立した。だから江戸時代までの前神寺は現石鎚神社である。ちなみに当時の奥前神寺は現成就社であり、今の奥の院奥前神ははじき出された感じであると云う(四国八十八所遍路 愛媛・香川編 宮崎忍勝・原田是宏 P78)。

 また、昭和42年漏電により本堂全焼し昭和47年現在の本堂が完成するまで御本尊阿弥陀如来は階段の上の権現堂に安置されていました。折角の石鎚参拝、是非権現堂のほうへ。上から見ると本堂は拝殿と本殿のある神社様に見えるから面白い。


石?権現堂


 これが階段を上った所にある石?権現堂である。


前神寺本堂


 石鎚山に参拝する前に前神寺の御本尊に祈願して登るとされていた。

 書くのも疲れたが・・・、前神寺と横峰寺の関係を。東の遙拝所前神寺、西の遙拝所横峰寺となるので、それですませば良いがもう少し。小松藩の横峰、西条藩の前神であり境界紛争もあったようだし、石鎚山との関係(別当寺)も問題になったようだ。一言で云えば御本尊を見れば判ると思う。空海修行に関係深い横峰、石鎚に関係深い前神寺ってことだと思う。


土砂降り


 本堂で参拝していると激しい雨音が・・・。幸いお坊さんが軽トラで来られていたので出てくるのを待って庫裏まで乗せて欲しいとお願いした。彼も権現堂での勤めがあるが傘がないと行けないので一度帰るつもりだったと庫裏まで送ってくれた。その後、軒下で雨宿り。その折りに、送って貰ったお礼に前神寺の記事を書こうと思ったので。m(_ _)m


63番 吉祥寺(未)--道中(未)--第64番 石?山前神寺--道中(未)--65番 三角寺(未)





何!?お寺でモデル撮影会!! [写真・カメラ]

何!?お寺でモデル撮影会!!

 題名にウソが混じっていたことをお詫びします。正しくは、「激写!!お寺の五百羅漢」(^^;です。何せレンズを人に向けるとプライバシー云々がものを云うご時勢。存分に人の写真を撮りたくっても難しい。そこでモデル撮影会などに行くのだが、大勢の中の一人で撮影位置など構図の設定は目一杯思い通りにはならない。

 歩き遍路をしていて雲辺寺から下り道に行く間に五百羅漢が並んでいた(実際はその上にもある)。魅力的だったので数枚撮影しようと、お寺の撮影のついでに行ってみると、これは凄い。魅力的な羅漢さんが並んでいる。まあ、ポーズの注文はできないが存分に魅力的な羅漢さんの撮影はできる。これはモデル撮影会に近いなあと思ったしだい。堪忍。

 撮影したものから24枚を選び、そして並べる順番を考えていたが、表情からこのように云っているのではないかと思うと、順番通りで一つのストーリーができそうだ。無理につけたキャプションであるがお楽しみ頂ければアホを書いたことも報われる。(^^;お楽しみ下さい。なお、断ることもないでしょうが、羅漢さんのお名前や所属・性質とは一切関係ありません。また、その内容も仏教とは一切関係ありませんのでご了承下さい。


P907_01.jpg


 なあ、皆の衆。これから人生を語ってみようではないか。


P907_02.jpg


 私は、この子が生まれたのが不憫で。このような世の中で苦しむのではないでしょうか?

P907_03.jpg


 人生、バンザ~~イ。(機種依存文字堪忍)

 こりゃ、こりゃ。女人が悩みを話したのに、お前は何をやっとるんじゃ。


P907_04.jpg


 仏を抱いて行けば、どんな世でも大丈夫じゃ。


P907_05.jpg


 うそ・ウソ・嘘。そんなこと云ってもダメだよ。


P907_06.jpg


 ホンに、教えは重いもの。


P907_07.jpg


 教えに囚われすぎているのでは、ありませんか?


P907_08.jpg


 そうじゃ、そうじゃ。ホレ、この通り。可愛いこいつとのう・・・。


P907_09.jpg


 いやいや、けものを友としても、火で暖をとり食べることが出来ねばなあ。


P907_10.jpg


 もう少しで菩薩になられる、あの方に聞いてみましょう。


P907_11.jpg


 ・・・・・・。(無言)


P907_12.jpg


 あれって、ないよなあ。

 シッ、瞑想の行の邪魔をしてはならん。あの方も瞑想中じゃ。


P907_13.jpg


 嗚呼、救いは、真理はいずこ。導き給え。


P907_14.jpg


 やれやれ、迷いが大きいと悟りも大きいと云うが。あいつはのう・・・。


P907_15.jpg


 前を向いて生きることじゃ。


P907_16.jpg


 ほんに、心穏やかに前を向いて生きていく、尊い教えですから。


P907_17.jpg


 何を云っとんじゃ。お前はまだ菩薩になっておらんぞ。


P907_18.jpg


 まあまあ、怒ってばかりおらず、ほれ、桃でも食え。


P907_19.jpg


 ほんに体も心も飢えてるだけでは、いけませんよねぇ。


P907_20.jpg


 (オブザーバーにつき、何も語らず)


P907_21.jpg


 まあ、心の平穏が得られれば良いのだがな。


P907_22.jpg


 ポッ、ポッ、ポッ、ボク、数珠持ってます。


P907_23.jpg


 ハハハ、鳩がしゃべりおったわ。


P907_24.jpg


 まあ、たらふく食って、子供が大勢いてじゃな・・・。

(無言だった羅漢さん、先刻より瞑想をやめて聞いていた)
いや、そのような方々があなたと同じ境地に近づくことは難しいものです。



 以上、失礼しました。m(_ _)m  寸劇に参加して頂いた羅漢さんに感謝。(^^;
 昔から自分が面白いと思うとツイ、そのまま出してしまう悪いクセ。

 なお、このページ。四国八十八ヵ所雲辺寺のページが出来れば、キャプションを削除して雲辺寺からリンクします。グループも「写真・カメラ」から「四国遍路」に変更します。


これは、「ボメラPC10000」なのか? [ケータイひとり言]

これは、「ボメラPC10000」なのか?

 僕はポメラDM100を買うつもりでいる。しかし、DM20Yも気に入っているのですぐに買わなくてはいけないと思っていない。ところがチョットした浮気心で、EeePC 901-Xに改造を加え、遊び心でジャストシステムのソフトを入れ込んだ。モバイルとして持ち出さない限り、ポメラで書き込んでQRコードで携帯電話に読み込みブログ登録するとほぼ同様に使えそうである。賢いPC版ATOKが利用できるので、ボメラPC10000なのかと・・・。

 以前、「テン」 と題してnetbookのことを書いた。そのPCはEeePC1000H with Officeだった。パーソナルと言えどオフィスが入っていたので非常にお買い得な感じだった。その時今まで使っていたPCのキーボードが小さいと書いたのはEeePC 901-Xだった。こちらは以後布団の中でのWEBブラウザ用に使用していた。901-Xに対する改造とはSSD交換(8G→32G)とメモリ交換(1G→2G)であり、ネットなどで良く紹介されているものだ。

 EeePC 901-X改は予想以上に快適な動きをしてくれる(改造前はプチフリーズが多すぎた)。そこで予定通りMS Accessをインストールしてもまだまだ余裕のSSD、何を載せるか考えた際に一太郎・花子・三四郎・Agreeなどのジャストシステムスイートを思い出した。

 DOSの頃に一太郎のお世話になったこともあり、なにより徳島への想い出でもって、これが手切れ金と思いながら時々ヴァージョンアップをしていた。PCにインストールしてもATOK以外はほとんど使用することもなくなっていた。一度久しぶりに一太郎を立ち上げたとき、プロフェッショナル画面というものが良い雰囲気だった。それを思い出したのだ。

 辞書は広辞苑と、横文字を読むときにお世話になるドクターマウスをインストールした。ドクターマウスは辞書引きもできるが、英単語にカーソルを当てると辞書内容が表示されるソフトで、横文字文献をMS Wordをリーダーとして使用する時頻回にお世話になっているものだ。一太郎ではCTRLキーを押すことでカーソル位置の文字が対象となり辞書内容がナレッジウインドウに表示される。文字入力に際してポメラ並みに便利に使えるわけだ。

 EeePC本体でも最低レベルだがキーボード入力もできる。最低レベルといっても窮屈なだけでタッチタイピングはまあ可能なレベルであるが、手を若干浮かし気味にしていないとタッチパッドに触れ、変換前の文字が不用意に確定されたり、他の場所に入力してしまう。そこで「テン」に書いた廉価なキーボードを使うことになるが、ポメラDM20Yより楽である(DM100は知らない)。

 ポメラでは文字入力・辞書の利用とくると後は、QRコード作成だ。これはスマホや携帯電話にテキストを読ませて送信するために必要なのだが、一太郎ではテキストとして直接メール送信が可能である(最近のソフトはメール機能有するもの多い)。今から送ってみる。巧くできればQRコード変換がない分、楽にブログ登録ができるというものだ。まあ携帯に比べて何処でもとはならないず、ポメラDMならぬボメラPCだ、機能的には10000台にはなるだろうが・・・。デスクトップからやればと・・・、それを云っちゃお仕舞いです。

P.S.
 折角のジャストシステムのソフト。使ってみようとチャレンジしています。
 一太郎自体は良いソフトと思うけど・・・、ファイルはWordでってことが多いよね。
 Alt+Tabでweb(IEを起動していれば)にも容易にアクセスできる。

 なぜか直接メール送信できず(SMTP認証が不能?)、Shuriken経由で送信。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

大国考(中華人民共和国は大国か?) [ケータイひとり言]

大国考(中華人民共和国は大国か?)

 いつの頃か忘れたが中国が日本を研究して、日本は一流国だったか大国だったか、そんなたいしたものでないと結論づけたと報道されたことがある。その正確な内容、発表は何時だったか、そのメディアが何だったかをネットで裏を取ろうとしたが残念少々ググった程度ではヒットしなかった。中華民国に代わり中華人民共和国が国連に参加し、ある程度時間は経ていたが、まだまだ当時の中国は現在のパワーを示すこともなく、多くの日本人からはお前に言われたくないと感じたようだった。

 僕は、このブログのいくつかを読まれた方には判って貰えるだろうが、アメリカ追従でやってきた日本が一流国とも大国とも思っていなかった(^^;ので、まあそうだろうと。むしろ、国際社会に復帰した中国が「経済大国」から「国際的な大国」を目指す日本をアジアの同僚としてパートナーと成りうるか真摯に検討したのだろうと思われた。日本の財産は勤勉な向上心である。その結果として大国扱いされることがあっても、勤勉さと向上心を捨てて国際的に生き残ることは難しい国と思っている。どこで読んだかも忘れたが、日本って国は大国意識を持ったり海外への声が高まると失敗するってのもあった。だから中国から大国だと云われても日本のためにならなかっただろう。

 こんなことを書くのは、もちろん最近の日中関係が気になるからである。中国人にはやり切れないかもしれないが、日本が「大国」と云う以上に中国が(国名としては仕方ないだろうが)「中華」を掲げるのはもっと嫌いである。私は(大人君子の)大人としての中国を尊敬している。たとえば、老子第六十一章大國者下流。天下之交天下之牝。牝常以靜勝牡。以靜爲下。故大國以下小國則取小國。小國以下大國則取大國。故或下以取或下而取。大國不過欲兼畜人小國不過欲入事人。夫兩者各得其所欲大者宜爲下。のような態度が取れるならば中国は「大国」と認めよう。

 残念ながら真摯に日本を研究したであろう中国指導部が、安い労働力を目標に流れ込んできた資本による発展を自分たちの政治力・手腕によるものと錯覚されているのでないだろうか(その民間の資本力が共産主義以上の発展を社会にもたらすのです)。丁度、二十年前に日本が経済大国と錯覚したように。

 中国が大国になるためには南シナ海などでの領土的野心を捨て、周辺国との摩擦をなくすことで尊敬される国になることが必要なのではないかと、最近の中国を見ていて思う。確かに中華民国との関係で遅れて国際政治に参加した経過はあるが、あまりにも好んで摩擦を生じ軍事力を増強して無理押ししたがっているように感じられるが・・・、「大国」中国の態度ではないだろう。はい、領土的に日本は「小さな国」であり中国は「大きな国」とは認めます。かっての勤勉さと向上心さえ失っていなければ、日本はまだまだ領土に較べ「大きな国」だとは思う。

P.S.
 失っていなければと書かなくてはいけないのが辛い。あの戦争の後でも日本人は勤勉さと向上心を捨てなかったのだ。バブルの記憶が鮮明なマスコミの言い分に囚われずに頑張ろう!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

僕の情報端末 [ケータイひとり言]

僕の情報端末

 先日EeePC 901-Xを改造したことを書いた。その後、NAS上に置いていたACCESSファイルにアクセスした所、結果の一覧表をWordに出力しているもので、単独では共有参照にEXCELやWORDがなく使えない。(T_T) 新たにデータベースを作り直さなければいけないのでACCESSをアンインストールすることにした、残念。

 ところで情報端末として業務で使用なさる方々は別にして、一般的に情報端末の使い方ってどんなだろう。若い方々はタブレット(頭の中には娘が見せてくれたiPad)やスマホで容易に必要なWEB上の情報にアクセスしている(ようだ)。羨ましい限りであるが爺(私のこと)には必要な情報よりも不要な宣伝や情報に圧倒される。ある所で情報端末といっても企業の顧客開発の情報ばかりだと云った(呟いたと書いたがtwitterと勘違いされるかもしれないので直した)ところ、周りから受けた。v(^_X) まあ、そのように感じるのは私だけではないのだろう。おびただしい新製品を買え買えと洗脳するようだ。そう云えばApple社の宣伝費はかなりなものらしい。

 私の場合、少々遅くてもnetbookは役割を限定している限り文句はない。ただ、ひとつ決定的に駄目なのは当方の老眼のせいだ。今でも眼鏡を外して目の前に持ってくるとかなり見えるが、疲れる。以前電子書籍リーダーが欲しくなったが・・・にも書いたが洋雑誌のPDFファイルが楽に読めるものが欲しい。メールで大量に送りつけられてくる医療情報も、まあ大事だろうが、こちらが評価する前に次から次へと情報量に圧倒されるわけだ。要・不要の判断が上手くないのだ。

 そこで1.洋雑誌(雑誌内科も2010年分から対応)のPDFを楽に読めて、2.ACCESSを使うことができ、3.医学書院のDVDをインストールし現場で参照したいとなると、やはりPC(私の場合Windows)となるだろう。実はそのような機種が良いかと思いAsusのzenbook以降悩んでいた。

 しかし娘からiPadを見せられると当然タブレットが欲しいとなる。そうなるとWindows8でタブレット兼用タイプかと・・・。これから暫くWindows8に注目したい。Windowsとアンドロイドと最終決戦?共存?MSが商法を変えたようだが吉と出るか凶と出るか・・・。ある程度Windows8機が発表されてから、入手しようと6月頃からお金を貯めている。(そのお金でXPもぼつぼつかと、EeePC 901-XをXP最終型で使えるようにしたわけだ。一万円かかったが)。

P.S.
 しかしディスクトップでディスプレイを縦型にして使っても、あまり勉強しないからなあ。(自爆)

 実は送られてくる情報の質ってと書こうと思っていたが、今考えている自分の新機種のことに流れてしまった。と云うことは女房殿への洗脳用か。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
メッセージを送る