So-net無料ブログ作成
検索選択

渚にて -人類最後の日- [書物(本・雑誌)雑感]

'渚にて -人類最後の日-'
ネビル・シュート(井上勇訳)
東京創元社 創元推理文庫七三三
1971年3月19日15版(初版1965年9月24日) 原作は1957年
ISBN なし
参考 978-4488616014:創元SF文庫       カバー装画が新しい
   4-488-61601-1:創元推理文庫1983年38版 カバー装画が本書と同一

 映画を小学生の時に観た。当時ボーイスカウトに参加していたので、ボーイスカウトの一隊が小川を渡って行く場面はワルチング・マチルダの唄とともにハッキリと覚えていた。もっともワルチング・マチルダと云っても題名を知らず、高校生の時ハリー・ベラフォンテが歌っているレコードジャケットで知ったくらいだ。そして今回はじめてワルチング・マチルダの歌詞と、この映画で使われた意図が判った。もうひとつ覚えているのは、やはり(釣りをする兵士と潜望鏡の場面ともに)デタラメなモールス信号を確かめた所だ。

 このようなことを書くのは最近この映画を観た(^^;ためだが、宿毛で何か読む本がないかと探していると本書があった。いつ購入したかも覚えていないが(^^;、昔観た映画の原作を読んでみようと購入したのだろう。この機会だから読んみることにした。"渚にて"は核戦争により北半球が全滅した後のオーストラリアが舞台(小説ではアフリカ・南米の情報が頻繁にはいる)とは、私の世代以上には常識だろう。

 一読後再度映画を観てみたが、内容が全く違う。ストーリーも端折られているが、肝腎の描こうとしたものが全く異なるのだ。ドワイトとモイラが二人でトラウト釣りに行き宿に泊まる。映画ではそこで二人は結ばれる(小学生の私でないから(^^;、ベッドなど出てこないが確信している)、小説では結ばれない。端的に言えば結ばれないのが、この小説の(核戦争の愚かさとともに)もうひとつのテーマなのだ。モイラの言葉で語ろう。
 これが長い一生涯のためだったら、話はちがってくるわ。
 ドワイトをすっかりものにして、子供や、家庭を、一生涯もてるんだというんだったら、奥さんに卑劣なことをしたって、それだけの値打ちがあるでしょうよ。そんなチャンスがあると思えば、わたしは、どんなことだってやり通すわ。しかし、たった三ヵ月の喜びのためで、そのあげくは、なにひとつ残らないというのに、奥さんに卑劣なまねをするのは-そうよ、それは、全然、話がちがうわ。
(P270)

 ちなみにドワイトも死を覚悟し妻と子供の所へ帰れると思っている。強くモイラを愛しても、ここで妻に不貞を働くとは全く考えていない。そのような二人の関係だからモイラが爆走して岬にたち潜水艦を見送るシーンが(映画の御陰で)強烈でした。

 間違って貰っては困るが、二人の関係云々ではない。放射能が世界を覆う残り数ヶ月間人々の生き方の本なのである。それも人々の欲望がパンパンに膨らんでいない、よき時代に生まれた本なのだ。オーストラリアで放射能が南下してくるが、多くの人々は地元で死を迎える。目前の死の危険から逃れても、早晩必ず死がおそってくると判っている人々には逃れようとする欲望など無意味と見えたのだろう(当時の日本ならモータリゼーションの発達もなく、土地への強い愛着から同じ態度だったろう---あくまでどこに逃げても同じという前提の一文です m(_ _)m )。

 まあ欲望の強いアメリカ映画では二人の恋を成就して観客迎合し、原作のままでは理解しがたいかも知れないから一時的にでもメアリーの精神を異常にさせている。僕は小説のほうが好きだ。

 淡々と日常をこなしている人々。それを時には"無駄になるのに狂っている"とする自覚。そこの所をもう少し考えると、生と同様死は必然である。残り数ヶ月でなく自分に死が訪れることを思い、いまの自分を省みて"無駄になるのに狂っている"と全く自覚されない方々には本書の良さは理解できないかもしれない。理解できなければ本当に今の自分でよいのかと自問されることを 。
m(_ _)m不要ナ欲望ニトラワレテイナイ?

 映画を観られて感銘を受けられた方も、本書を読まれるとアッあの場面にはこのような事情(物不足や国際背景)があったのかとより深く判ります。レースも予選からで迫力あります。

 この本が書かれた頃よりは核戦争の危険性は少なくなっていると信じたいですが、小国が核を持つ危険性を本書は述べています。どこかの国がアメリカ相手の交渉のために核を持ち、他の小国がわが国もとなると一気に危険性が高まるでしょう。そして不幸にして本書のような核戦争が勃発すると、どこかの国が直接関与していなくとも、とこかの国の最高責任者は責任を取れるかなあ、取れないよ。開発止めましたと、世界に示そうよ。

P.S.
 最近韓国でジェーン・フォンダ「チャイナ・シンドローム」と同様な事件(規格外品質機材の使用)が明らかになりました。映画で描かれたことが原発内部で起こらないと良いが・・・(・・・があってはいかん)。

タグ:渚にて
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

"ヘルタースケルター" [映像(映画・放送)雑感]

ヘルタースケルター
邦画  だからどうした、行きます系
蜷川実花監督
B極上
2012年 127分

 封切り二日目に女房殿と観た。二人ともケータイを切っていたので家に帰って上映中にかかっていた娘2と女房殿が話していた。エッ、ヘルタースケルターに行ってたの?旦那と二人であんな映画誰がみるのだろうと話していたと。観たほうが良いよ。(^^;

<<粗筋>>
 モデルのりりこ(沢尻エリカ)は超売れっ子。多くのファッション雑誌の表紙を飾っている。彼女を取り巻く人たちにプロダクション社長多田(桃井かおり)、マネージャー羽田(寺島しのぶ)その恋人奥村(綾野剛)、メイク担当沢鍋(新井浩文)がいる。りりこの恋人に南部(窪塚洋介)がいるが、彼は大企業の御曹司でほかに婚約者ができる。

 りりこは羽田と奥村に南部の婚約者田辺恵美利に傷害を与えるが、検事の麻田(大森南朋)が出現する。しかし、彼の主な目的は美容クリニック院長和智(原田美枝子)による違法組織の移植ための胎児売買容疑であり、りりこもその手術を受けた容疑(と云うか捜査に協力してくれと云う依頼)であった。

<<ポイント>>
 りりこが美容形成で生まれ変わり、その際の違法性が映画では大問題として描かれていない気がするので、まず遺体から皮膚や骨…闇取引 調査報道NPOが取材(朝日新聞デジタル 2012年7月18日21時35分)から。調査報道NPOの説明も記事の最後に載せられています。死体からの組織採取であり、人体組織そのものを売り買いすることは禁じられているが、遺族の同意に基づく「献体」などにより遺体の組織が提供され、非営利団体の組織バンクなどを通じて医療現場に届くのが本来の形だとされています。法規制のゆるい旧ソ連・東欧が組織供給の場となり、中には、公的機関が言葉巧みに遺族から同意を取り付けて死体の組織を不正に確保するケースも表面化したそうだ。同意を得て違法すれすれ(必要ない組織供給に誘導される)だけでなく、月に1000体を超える人体組織が盗難に遭うこともあったという。前者のケースで押収されたクーラーボックスの送り先は米国で昨年1億6900万ドル(約135億2千万円)を売り上げ、株式上場もしている医療企業の系列ドイツ工場とのこと。FDAは11年、この工場から米国に輸入されたウクライナ人の人体組織が、「ドイツ製」と記されていることを把握し、輸入元の上場医療企業に是正を求めたと。記事では組織の入手経路とともに、死体からの組織で再建術がされると説明されていない点と感染の危険性を問題にしている。医学上必要な再建術もあり一概には云えないが、消費国アメリカでは歯科インプラント・スポーツ医学とともに美容形成も国際的取引を活発にする大きな要因のようだ。この映画の和智先生も胎児などから違法に入手していたわけだ。

 映画はそのような美容形成を受けることで新しい人生がはじまると思っているりりこのhelterskelter(遊園地などにあるぐるぐるまわるすべり台もそう呼ぶそうですが、あわてふためくこと、でたらめ、混乱、狼狽など-その形容詞・副詞も-が意味としてあり、映画ではっちゃかめっちゃかと。巧いなあ。)ぶりを十二分に描いている。蜷川監督の前作「さくらん」をはるかに上回っていると思って観てしまいました。写真家の蜷川さんはどぎつい発色をするアグファのフィルムを、知人からあんたならこれが気に入るだろうと紹介され、アグファの虜になったようで自分のスタイルを持っている方です。「さくらん」はその意識が強すぎたようだ。アサヒカメラ7月号(掲載写真で映画を観る気になった (^^; )には従来の自分のスタイルとは違うと書かれていましたが、強烈なスタイルを持つ蜷川映像はしっかりと見られます。りりこがモデルであり撮影風景もあり(とくに出だしのスピード感は良いですね、一気に作品の中に入れた)、写真集として出ているとのことで購入してしまった。(^^;本の前半は映画撮影中の作品で後半は撮影風景の時の蜷川作品です。一応余白の有無で作品性が異なっていると感じますが、思惑通り後半の写真の質は高いです。

 まあ書きたいことを全部書くとこの何倍になるか判らないので(^^;、パンパンに膨らんだ欲望の怖さは、積極的に描こうとしていないかも知れませんが、描かれているかなと。また大好きな原田美枝子さんが、アメリカ的にお金が全てって感じで違法に組織を入手しているワンシーンがあればA上としたでしょう。それがなくって社会性にさみしい(蜷川さんはそんなもの要らないと思っているのかも知れませんが・・・)だけでA上としても良いできだと思います。寺島しのぶの複雑な気持ちの映像的表現も欲しかったなど、筋は進むが人物像の描き方が中途半端だがホント全体の質(映像と沢尻エリカかな?)が良いので許す。
(^^;

m(_ _)m久シブリニ書クノデ中途半端、勝手気ママ、へるたーすけるたーブリ御免。

<<楽しめる人>>
沢尻エリカファン必見・蜷川ファンは当然観るだろう。
芸能界に憧れる若き方々(チョット辛口)

P.S.
 この映画のりりこを見ると、沢尻エリカ「様」に納得させられる。

 日本がアメリカにはなりたくないなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る