So-net無料ブログ作成

夏場、多量の汗をかかずに歩き遍路できるか? [四国遍路]

夏場、多量の汗をかかずに歩き遍路できるか?

 ここ三日間歩いてみて面白いほど汗をかいた。タオル地の頭巾は首の後を覆い夏場に良いと思っていたが、絞ると汗が流れ落ちる。Tシャルもそう、ビッショリと肌にくっついている。不感蒸発も何もあったものではない気がした。

 汗をかくと蒸発する時に熱を奪い体温が下がるはず。発汗が多すぎて蒸発する温度に至らず、熱が籠もりやすくなるってことはないだろうか?やはり水分量相当で体温を下げているのだろうか?何となく前者の気がする。適量な汗であれば蒸発熱を奪ってくれるが、多すぎると蒸発の絶対量が減ってくるのではないかろうか。

 高知愛媛県境の松尾峠を登った。目安にしていた標識が壊されている。もともと二系統の標識が設置され、後 400mとありフウフウ云いながら登っても後 400mの標識がでていた(両系統とも 200m毎に設置)。頭にきた方が壊したのだろうか?今まではその標識を見ながらペース配分していたが、標識がでるまで(僕としては)ピッチが速すぎて汗まみれになってしまった。思わず、夏遍路 あせアセ汗が 顔に背に と浮かぶくらい。やっと標識を見た時には、ここまで来ればもう少しと思ったが、すでにバテ気味になっていた。

 一本松から城辺に旧遍路道(県道)を通る際も、上大道の前にチョットした坂があり、二度目の時低血糖を起こしてしまった思い出の坂となっている。坂を登る前に空腹感を覚えたが、上大道の休憩所でゆっくり食べようと思った。しかし低血糖を起こしている時は、それを思い出せなかった。水?塩?補給してもボゥーとした感じはとれず、どうせ休むからとパンを食べてすぐに改善、さっき空腹感があったと思い出した。話がずれたが、この坂でも汗まみれになった。時間はたっぷりとっている練習遍路、松尾峠でも30分近く休憩所で休んだし上大道の休憩所でも30分は休んだ。ヒマワリ畑から実にきもちがよい風が吹いていた。その時にタオルで身体を拭くと気持ちが良い。汗が多すぎるとダメだろうと、城辺までゆっくり汗をかかないように歩くことにした。もちろん汗はでるが多すぎないように注意して。割とうまく行った。
 冬山登山では汗は厳禁という、夏山登山ではどうだろうか職場の山男に聞いてみよう。山と歩き遍路は違うとも時々聞くが。まあ汗をかきすぎれば休めば良いし。

P.S.
 最初の歩き遍路の夏(2010)も猛暑、ゆっくり慣れていたせいか猛暑・猛暑の報道の割に楽だった。慣れよりも足の痺れで休み休み歩いたのが良かったのだろうか?500-1500mに一度は休んだから。女房殿は歳だから気をつけろと云ってくれるが、最初の時より時間的には問題にならないくらい距離を稼げている。

 今回の歩きで本番開始の自信もできた。よしやるぞと思ったが友人の電話でできるかなあと心配になっている。友人も皆歳だからなあ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る