So-net無料ブログ作成
検索選択

'山折哲雄の新・四国遍路' [書物(本・雑誌)雑感]

'山折哲雄の新・四国遍路'
山折哲雄・黒田仁朗
PHP研究所
PHP新書936
二〇一四年七月二十九日初版
ISBN978-4-569-81963-1

 この本を購入した際八十八ヵ所に限定されてきた霊場を、(山折氏だし)神仏混合の四国遍路を奨励するものかと思った。でも、そうであるような、ないような・・・。基本的に山折氏と黒田氏の遍路を念頭に置いた四国訪問記って感じである。四国遍路をメインにしたものでなく、そこだけみて新しい四国遍路の提案(第1章)と云われてもなあと思う。いや、全体の内容は面白いが・・・。

 第2章で山折氏の感想(一部妄想)が述べられる。28頁に全体図が示され、そこに従うと大山祇神社・能島、八ツ塚群衆古墳(衞門三郎伝説)、塩飽諸島、龍馬脱藩の道、宿毛泊り屋、淡路島高田屋嘉兵衞、阿波十郎兵衛屋敷、太龍寺・室戸岬を訪れている。善通寺法主樫原氏との対談でまず、四国霊場の寺院や遍路道を歩かれましたと紹介されているが、一部を歩いたということで道中は車である(霊場を全て回ったもいないと思う。)。第3章は車で山折氏を案内した黒田氏の道中記で、第4章は伊豫豆比古命神社(松山椿神社)宮司さんと前出善通寺法主さんとの対談で纏められている。

 この本で教えられたのは、聖徳太子「和を以って尊しとなす」の意味だろう。古代の激動期に新しい政治形態を創造するに、争いのみが前面に立つことなく充分に議論納得しての「和」が大事であるってこと。龍馬が当時の幕藩体制から新しい世を作ろうとした時、さまざまな諸勢力を連合させるような「和」でもある。あっさりと破壊なき「和」の精神はただの談合ですとある。正解だろう。

 その他、山折氏の観察眼が羨ましい。御高齢であるが感動され、意味を探りチョット妄想かなと感じるものも混じるが楽に読めるし勧められない本ではない。(^^;当方モ妄想大好キ、否定スルモノデハナイ、デモ妄想有リ 台風の前夜から土佐市塚地休憩所にて宿泊されたお遍路さんも、御年輩ながらみずみずしい心で感服した。そんな感じで四国を観察している(読んでる人には判らないね)。

 実は私がはじめてネットで紹介したのは「泊り屋」でした。今と違ってなんも書いていない。(^^; また記事に出てくる道の駅「すくもサニーサイド」の休憩所で野宿(雨のためテント設営)もしましたが、テントがあれば海側を勧めたいです。小筑紫に向かってわずかな坂道になり車(運転手))がアクセルを踏んで音が大きくなります。自分が運転しているつもりになり、音を聞きながらここでアクセルを踏んでと思うようになり、後は安眠しましたが・・・。

 ただ神社巡礼のことは置いて、新・四国遍路と銘打った題名がいかにも開創1200年に便乗した感じで好ましくなかった。最初に書いたように四国訪問記だがお四国も忘れていないよって感じだ。車で行ったと早くから書いていたので、四国遍路の車と歩きの違いを述べようと思っていたが、またの機会に。m(_ _)m


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 12

まる七

今 ばたばたしてましてねえ^^;
旅に出かける状態じゃないんですよ^^;
11月中旬までは・・無理みたいです^^;

結果はまた改めて報告させていただきます^^;
by まる七 (2014-09-16 22:36) 

依光次郎

 当方も仕事が増えて遍路に行く機会が減っています。週末遍路できるようになればと思っています。仕事が増えると判って、残りの札所はクルマで済ませました。歩きのほうはこれから松山に入るところまで行っていましたが・・・。

 つぎは久万高原町からはじめようかな?いつか判りませんが・・・。そうすればお会いできることに・・・。

by 依光次郎 (2014-09-16 22:47) 

まる七

実はかねてからの計画を・・
そのための試験が11月で・・
その準備に追われる毎日を送っておりまして・・
寝不足のまいにちなのです^^;

たまたまチャンスにめぐり合えたってかんじなので?^^;慎重に毎日過ごしておりますが 逆に仕事のほうがおろそかになってしまい 苦慮しております^^;

by まる七 (2014-09-16 22:58) 

高知みかんや・ピエール

鏡の木楽家に行ってきました。久しぶりに行くと遠かった。奥様は京都に紅葉狩りに行かれており、ご主人にサイフォンでコーヒーをいれていただきました。薪ストーブの傍らでの語らいは夏の大雨で岩魚が減ってしまった、下の中華のお店(名前がすっと出てこない)が対岸の崖崩れのため閉店したことなどでした。翌日曜日は松山沖に太刀魚釣りに行き瀬戸内海を堪能してきました。老後は島暮らしもいいなあと思います。丸亀沖の広島(塩飽諸島)に東京からIターンしたご夫婦が留学中の子供さんに「あなたの実家はもう六本木にはありませんから」と告げた記事を読んでかっこいいなあと感じました。高知市内での近況ですがあたご劇場によく行っています。「チョコレート・ドーナッツ」現在上映中の「リスボンに誘われて」も良かったですよ。映画談議は高知駅の東南の山田橋の南詰の喫茶クレオールでやってます。席数は少ないですがジャズが流れてコーヒーも美味しいですよ、紅茶もあります。夜9時までやってます。火曜日が定休日です。マスターはアフリカを放浪後高知に根付かれたようです。
またお会いしましょう。 ピエール(最近なんとなくピエールと呼ばれています)
by 高知みかんや・ピエール (2014-12-02 05:52) 

MARUNI KK

ネ-ム変更お願いしますね^^;
それと タイトルが一つ変わりましたのでお願いします^^;
by MARUNI KK (2014-12-18 22:23) 

どこまでお話したら良いのか・・・

ホムペからこちらにやってきました。
宿毛ご出身ということで興味を持ちました。
伊賀山内について調べていたところ、貴方様のこちらのブログに到着したんです。

うちは伊賀家関連の家系でもあります。
どこまで個人情報を出していいのかわからないのですが、どこかで絶えても、別では横の血が生きています。

伊賀陽太郎氏と似たような人生を私は送っています。驚きました。血はすごいと思います。私は宿毛出身の父を持つ娘です。冬にこっそりスワン放送にちょっぴり出ました~!笑

ブログ更新がないので、心配を少しています。
by どこまでお話したら良いのか・・・ (2015-06-09 13:54) 

依光次郎

どこまでお話したら良いのか・・・さん、ありがとうございます。
久し振りにネットに書き込むのでドキドキしている依光です。
(^^;

 お話しの伊賀家では氏宏(うじひろ)氏以降男子は続いていると承知しています。ホームページ幡多人物伝伊賀氏宏氏(飛行機男爵)のページ最下段近くに訂正していますが、戦後の一時期宿毛に住まわれた南部氏は御養子かと一度は書いていました。しかし、伊賀さんの男系の方から、南部と姓は違うが伊賀家から養子に出た方であるとの御指摘を受けました。すでに20年近く前のことです。その方から伊賀氏宏氏が渡仏を相談役会で反対されたのは絵の勉強に行きたい希望が主であったからとのことでした(伊賀家には絵の才能があるようだとも)。

 また、伊賀さんと関係の深い和守(みこもり)神社-先ほどの方から教えて頂いた話と宿毛歴史観の話は異なります-は林の奥様が管理されていましたが、現在は丸三観光ハイヤーさんが管理されているようです。御参考までに。

P.S.
スワンTVに出たとのことですが、桜の植樹なさいました?

by 依光次郎 (2015-06-09 21:17) 

どこまでお話したらいいのか・・・

メールアドレスがあればそちらに知りたいであろう最後のお話をお伝えしたいと思います。ここまで詳しくお調べになられて知識がありますので、喜んでもらえるお話だと思います。そして、今、こう繋がっているとご理解いただき気持ちよくこのお話をご理解頂けると思います。こちらにご記載いただき、私が確認し、メールを送信できましたら、こちらに記載くださいましたメールアドレスを削除くださっても構いません。フリーメールアドレスで構いませんよ。怪しくないです。

はい、氏宏氏の次にも男子がおり、そこで最後になりました。
そういったこともあり、林家からハイヤーさんになったのかな?私も林家と聞いていました。

殿様侍は、まだまだあなたの近くにおりますよ。その殿様侍をしっているはずです。もしかして気がついてない人かもしれませんよ。聞いてスッキリすると思います。

>伊賀さんの男系の方から、南部と姓は違うが伊賀家から養子に出た方であるとの御指摘を受けました。

12代:伊賀陽太郎は、伊賀氏理(11代)の子
13代:飛行機男爵は山内豊盛の子

12代のことですか?13代のことですか?

私は高知には住んでおりません。
林家が管理されていたということ、はい。そうですね。今はハイヤーさんなんですね。

TVは全然別のことで出たんですよ。結構、あちこちの行事の放送をしていますよね。なので全然わからない通りすがりのことだと思います。
by どこまでお話したらいいのか・・・ (2015-06-10 03:18) 

依光次郎

南部信俊さんは氏宏氏の子供さんです。
そのお子さん(御存命)までネットで検索できます。

また、私にメール下さった方(御存命)は有名な女性と結婚、その後離婚されていますがやはりお名前に「氏」の文字があり、南部姓ではありません。女性のプロフィールには2児(性別不明)をもうけたと記載されています。

以上、ご報告までに。

P.S.
どこまでお話したらいいのか・・・
秘するが花かと
by 依光次郎 (2015-06-10 23:21) 

どこまでお話したらいいのか・・・

そのお子さん、20年くらい前にお亡くなりになりましたよ。子はおりません。やはり殿は殿。お伝えしたかったのですが残念です。

メールを差し上げたいのですが、どこもメール設定リンクがなく残念です。
そのためにこの様に記載しました。
その花をお伝えしたかったのですが残念です。

依光次郎さんの同級生が私が本当にお伝えしたい殿系の人かもしれませんね。またはその前後の年齢で。見落としが1つあります。ボケないために課題を出しておきますので、いつか私からの謎を解いてくださいね。失礼いたしました。
by どこまでお話したらいいのか・・・ (2015-06-12 23:40) 

依光次郎

そうですか、そのお子さんは亡くなられていたのですか。
ネットでは生年月日が記載され、死亡年月日がなかったので御存命かと。

もうボケてきているので折角の課題も忘れると存じます。いつも使わないID/passwordは忘れるようになっています(常用するものは幸いまだ大丈夫、おかげさまで本ブログも空で入力できるようになりました)。

林の奥さんがみこもりさんを守っている時には水を奉納していましたが何年か前に行った時に水がほとんどなく、ペットボトルを買いに行きました。殿系のかたでいらっしゃれば何卒御親類の方、御存知の方に水の奉納を続けるようにお願いして頂きたく存じます。

いろいろありがとうございました。m(_ _)m

by 依光次郎 (2015-06-15 20:46) 

MARUNI KK

あの‥
更新は?^^;
by MARUNI KK (2017-01-13 11:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る