So-net無料ブログ作成

今日はブログ開設記念日 [お知らせ]

今日はブログ開設記念日

 今日 7月 1日は本ブログ開始日である。2007年病気退職して手続き中で、病気退職手当の制度が変わり貰えるかどうか不安だった。女房殿にこれからは頼むとお願いして、頑張るからと勇気づけられていた。記念に黒くなった指先の写真でも撮って置こうかと明るい女房殿で、寄り添ってくれる彼女に感謝の意味でブログのスキンを寄り添うチューリップとした。一本では倒れるかも知れない僕が寄り添ってくれるから立っていられると思ったからだ。正直なところ、収入を絶たれてブログで少しは稼ぐことが出来るかもしれないとはじめたものだった。手当が貰えるようになってすぐにアフィリエイトはやめた。

 今年で僕の歳も65歳をこえた。いずれ近づく年金生活の足しにアフィリエイトを再開しようかと準備もしていたが、amazonがスマホを出してネットで商品の写真を撮るとamazonに直結するようになるそうだ。そうすればせっせと書き込んでも写真一発アフィリエイトはすっ飛んでしまう。だからそのニュースを見た時からやる気がなくなり、当面再開しないことにした。そりゃ贅沢はできないが、慎ましくなら生活できるだろう。人の欲望なんて無視できる程度のことが多い(と思っている)。欲望に従いすぎると詐欺なんかに引っかっかるとしたものだ。

 そうそう、65歳をこえたなあと思ってからカテゴリーに「自笑狂夫老更狂」を追加している。まだ何も書いていないが(^^;、そこに書き込むのを楽しみにしている。僕のような狂夫が何を書いても他人様も笑って見るだけだろう、それで良いと思う。今年になって三つしか書いていない本ブログに訪れてくれる多くの皆様への感謝の気持ちだ。まだ、一つも書いてないが・・・ (^^;今後モコノ調子デス

P.S. 最近お遍路の際に持って行くのは西行か杜甫になっています。

nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

まる七

肩が痛くて休止していたお参り再開・・
二ヶ月もイケなかったです^^;
by まる七 (2014-07-03 21:24) 

依光次郎

お久しぶりです。
m(_ _)m

長く続く痛みはつらいですよね。また、何時痛みが強くなるか不安で、普段ならチョット遠いところが安全のためにパスしておこうとなったりしますよね。症状も軽くなりつつあるようで良かったですね。

いつもスマホのニュースリーダーで読ませていただいています。
今後も宜しくお願いします。

by 依光次郎 (2014-07-03 23:05) 

名古屋より

チューリップに、そんな素敵な真実が隠されていたとは^^私達も
寄り添いながらいきたいと思います^^

by 名古屋より (2014-07-11 22:39) 

京都在住の宿毛出身者です

ネットでハイタカ神社を検索したら、どんな神様か謎だと書いてたので
、私の知っている情報をお知らせしたくて書き込みしました。
私は宿毛出身で大島で育ちました。
はいたか神社は、地元では、はいたかさんと呼ばれ女性の神様だと言われています。秋祭りや神輿、獅子舞なども昔はあったと思います。
家族が病気などになると夜中に参拝するひとも多いです。
地元では強い力を持つ女性の神様として信仰されています。

いきなり書き込みしてすみませんでした。
あと、知っていた情報でしたら、すみません。


by 京都在住の宿毛出身者です (2014-07-30 16:11) 

依光次郎

京都在住の宿毛出身者ですさん、こんにちは。
返事が遅くなり申し訳ございません。m(_ _)m

貴重なお話しありがとうございます。強い力を持つ女性の神様であるとのこと、そうなのかとどうしてだろうと思いました。ハイタカが一般的に女性のイメージに結びつきにくい感じを受けたからです。

私は「ハイタカ神社考」として祭神を一条兼定でないかと仮説を立てました。そこに「一条兼定終焉の地戸島に近い蒋渕に三つのはいたか神社があり、宿ノ浦には「はいたか」と呼ばれる浜があります。」と書きましたが、はいたかの浜は夜訪れてはならない場所です。そこで蒋渕はいたかの浜で夜中に兼定の一条家再興もしくはキリシタン布教の評定があったのでないかと思ったものです。大島のはいたか神社では夜中に訪れると云うことは、他の場所では夜中に評定の結果が伝達された可能性もあるのかとフッと思いました。

ここの所ハイタカ神社について調べたり考えたりしていないもので貴重な情報を活かすことができず申し訳ございません。m(_ _)m でも女性の神様がマリア様であればロマンですよね。(^^;妄想ゴメン。


by 依光次郎 (2014-08-11 22:31) 

京都在住の宿毛出身

私もどうしても「はいたか神」が、女性の神様だというのが不思議です。
ハイタカ神社のある場所は、お墓に通じる山にあり、その山の下には
空海のお堂と、お墓の入り口に猿田彦神のお堂があります。

四国ですので、空海を信仰してるのは納得できるし
猿田彦神は、道を示す神という意味もあるので納得できます。

他には、八大竜王を祭るお堂と、恵比寿神のお堂があります。
これも、漁業が盛んな土地ですので納得できます。

でも、女性神で「はいたか」に結びつく神様が私も浮かびません。
それにハイタカ神社は大島の公民館の前にあり、集会場の前にある
住民にとって何か意味のある神様であるはずです。

一条兼定で考えたら、キリスト教が確かに浮かびますね。

大島の庄屋はずっと同じ家のもので(初代から十代まで)
そこは、お城に使えていた者の末裔だと言われています。

キリスト教かあ・・・。

全くキリスト教徒の居ない大島なので(笑)
荒唐無稽に聞こえるけど、ありかもしれませんね。

その庄屋の家系図があるので、一条公との線を調べてみますね。
その庄屋は、大島の橋作りにも関係がある一族です。

長くなりました。

体調が悪いと書いてましたが、台風が多いこれからの季節。
気圧などの関係で、痛みや体調を崩す人も多いです。

どうかお体ご自愛下さい。

その土地での信仰と思想は、そこに住むものを知る上で重要なので
私もついつい、探求したくなります(笑)
心の歴史に結びつくから。

「はいたか神」が、誰なのか 私も探してみますね(^-^)




by 京都在住の宿毛出身 (2014-08-26 12:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る