So-net無料ブログ作成
検索選択

迷った末の結論 [ひとり言]

迷った末の結論
(元の題は”迷っている”でした)

 トランステクノロジー社TRANSGEAR APX-3000と云ってもご存じない方がほどんどだろう。ネットワークオーディオ機器のはしり的なもので、アナログ出力をアンプに繋げばインターネットラジオはもちろんNAS(DLNAサーバー)上の音楽を聴くことができる。ネットで安く売っている際、便利そうと購入したので値段も高いものではなかった。当時としては、小さなブルーディスプレイ(ブラウン管の頃グリーンディスプレイというのがあり、ブルーの液晶だから。正式名称かどうか知らない)に曲目・演奏者が日本語表示されるだけでありがたかった。だが、その便利さとは裏腹に外見が試作品かと思うさりげなさである。

 最近はネットワークオーディオ機器もMP3再生時の補間技術(補完かなあ?)を謳う機種もあり、本格的コンポの一員になっているようだ。物欲は遠ざけたいと思いながら(^^;ネットで調べると、様々な形態(ミニコンポ・アンプ一体型など)でインターネットラジオ/DLNAクライアントと同様なことは可能だが、やはりコンポで行きたいと思った。お値段はヤマハNP-S2000でうっと思うとLINN社のものは高級オーディオの世界、目の玉が飛び出た。なにせTRANSGEAR APX-3000のユーザーだから・・・。(^^;そしてパイオニアN-50にたどり着いた。いろいろ問題はあるようだが、コストパーフォマンスが最高とされているらしい。どうせ歳とともに高音は聞こえなくなっていると思っているが、この機種は高音が強調気味とのこと。むしろ良しとしたい。

 しかし、本当に必要かと考えると迷う。TRANSGEAR APX-3000はインターネットラジオの更新が、バンドルされていたソフトをインストールしたPCが壊れて、出来なくなっている。ラジル・ラジルをはじめ日本語のインターネットラジオはほとんど聞くことができない。それと音質の向上が購入によるメリットだろう。そう考えても僕のオーディオシステムは、昔のもので音量を上げないと良い音にならない。ひと頃気持ちよく聴いていると無言電話がかかってきた。m(_ _)m 音量を下げてしか聴くことが出来ないので、改善された音を満喫できるかどうか・・・。新しいCDを買っていないのでリッピングした新しいファイルの追加もなく、ステレオを聴くことが少なくなっている。

 今ならLINNは無理でもN-50/NP-S2000であれば買える。しかし、もうすぐ春。遍路に行きはじめると買わずにおればもっと余裕ができるのにと後悔するかもしれない。迷うなあ・・・。コストパーフォマンス優先にするとTRANSGEAR APX-3000だったりして(^^;売ッテナイケド。

P.S.
 昨夜書いて、今TRANSGEAR APX-3000で聴いてみた。まだ大丈夫が結論。登録しているラジオ局My Added Stationで最初のJAZZIZ Stationsは聴けなくなっていたが、次の1.FM 60's 128Kでいきなりビートルズのイエスタディーがかかった。ボリュームを大きめにしていたこともあり、ウンまだまだ大丈夫。その後Blues・Classic Rock・Folk・Jazz・RnBの所で任意の局を選択してみたがチェックした大部分の局は聞ける。その後NAS にアクセスしてジャズ・ヴォーカルを聴いている。

 素晴らしい再生装置で聴くと自分のシステムで聞けない音があるのも承知(ショックを受けたこともある)、沼を避けて辛抱してきたのだから今のところ良しとしよう。

 昨夜ネットでいろいろ見ていてスピーカーの買い換えかなと思った。(^^;ウン、全体的ニ見レバスピーカーダネ。しかし、スピーカーは思い出があり替える気がない。当面、このまま。

P.S.へのP.S.
 以前からケーブルにこだわる方は多かったが、最近はケーブルって非常に高価でこだわりも強くなっているようだ。僕は以前からその金が有ればレコード/CDを買うことにしていた。やはり貧乏なんだな。でも金が制限なく使える状況じゃないのでそれが正解と思っている。

新しいP.S.
 "JAZZIZ" Stationsのスペルが間違いないか確認のためにラジオのほうに行き、1.FM 60's 128Kにした所"ワシントン広場の夜は更けて"・ハンク・ウィリアムズと思う・"涙のチャペル"と続いた。懐かしいなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る