So-net無料ブログ作成

PomeraDM20Yから最後の投稿? [ケータイひとり言]

PomeraDM20Yから最後の投稿?

 正直に書くとアマゾンでIdealPad Yoga 13の予約をしていた。しかし、機種を間違えてCore i5機を注文した。気づいてからもまあ良いかと思ってIEを終了した。しかし、CPUだけでなくメモリの差(4GBと8GB)もあり、やはりお買い得感があるCore i7機に変更しようと数十分後に注文をキャンセルして、さてi7機の再注文と思うとアマゾンの扱いが消えていた。アマゾンで準備していた数が売り切れたかなと思い、先の記事にも書いたが神のお告げかと(^^;;;。その後ショップの値段もほぼ同じになったが予約しなかった。(そう云えばこの機種は発売延期となったが、予約された方は入手できたのだろうか?アマゾンから予約が消えたのは売り切れでなく発売延期によるものだったろうか?)

 そうして経過をみることなったが、普段持っていないお金があると使いたくって仕方なくなる。ついPomeraDM100を購入してしまった。だから記事タイトルが「PomeraDM20Yから最後の投稿?」となるわけだ。m(_ _)m でも、折角Asus ZENBOOKを考えて以来貯めてきたお金が少しづつ使われて減っていく・・・。すでに発表されていた機種が市販されてくるが、この調子でお金を使うなら春夏モデルまでは待てないと覚悟した。

 そしてPCはハイブリッドやコンバーチブルでタブレットにならなくてはいけないか悩みはじめた。(^^; タブレットトシテモ使イタッカッタノニ(T_T)   タブレット型にすると患者さんに説明する時便利に使えそう(NOTE ANYYIMEに書きながら説明して記録を残しやすい)と思ったからだ。またPDFファイルを読む際に縦型ディスプレイが良く、タブレットなら容易だろうと思ったからだ。でも患者さんへの説明で格好(^^;をつけなければ、従来通り本や紙で出来ないわけではない。またPDFファイルを読んだりネットブラウザを使う時、PCを置いて使える環境で敢えてタブレット型にするだろうか?視度調節が衰えてピントの合う範囲が狭くなっている。短時間なら問題ないが長時間ならタブレットとして机に置くより従来通り横型(ノート型の通常形)として使い、時に縦型にして手持ちで見ることになるのではないだろうか?Netbookは、そうして使っている。

 [CTRLキー]+[ALTキー]+[矢印キー]で画面方向を変更して手持ちで使う(こともある)のはNetbookの常識だ。そう考えると注文の時Yoga13はEeePC 901-Xより重いんだと思ったから、重量が気になった。ネットで調べてみるとNECに軽いのがある。Yogaと同じく13.3インチだがEeePC 901-Xより軽い。タッチパネル液晶ではないが、MSオフィスがバンドルされている。僕の場合、Accessデータの一覧表示にWordを使ったものがあり、それが必須である。

 そうなると手持ちで軽く、バンドルソフトにMS Wordがあり、タブレットとして使うよりも僕には向いているかと、NEC LaVie Z LZ750/JS PC-LZ750JS をぽちりました。(まあ、アマゾンからYoga13が消えた神のお告げ(自分の失敗だから、神のお告げとしておく (^^;)は新機種発表まで様子見で、これを買えってことではなかったと思うけど・・・、重量0.875g、Netbook-EeePC 1000H-の代わりに悪い買い物ではない。Windows8に慣れないと大失敗になるかも・・・。 (^^;歳ダト感ジルコト多シ)

P.S. 1
 手持ちの際、EeePC 901-Xだと見開きにして単行本を読んでいる趣だったが、本機だと週刊誌を見る雰囲気かな?

 今回は失敗してからMade in Japanを中心に検討した。友人からも絶対国産を買えと云われた(^^;。でも、この軽さは大きな性能だ。今のところ他社を引き離していると思う。もの作りの皆さん、頑張って下さい。

P.S. 2
 QRコードを読ませている時、チョット気になる書き方があったので直接投稿せず、PCメールに送り訂正後投稿しました。

さらにP.S.(2012/11/27)
 本機では[CTRLキー]+[ALTキー]+[矢印キー]が効きません。Readerを立ちあがると[CTRLキー]+Rで右回転します([CTRLキー]+Lはない)。そのままで充分読めますが、余白があると拡大しても改ページでもとの大きさに戻ってしまいます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る