So-net無料ブログ作成
検索選択

 久しぶりのお接待、いやお節介なのですが・・・ [お接待(長旅ご苦労様です)]


お 接 待

少しお休みして、コーヒーでも


 久しぶりのお接待、いやお節介なのですが・・・

 どうぞお休みの一杯を。紅茶とコーヒーどちらが、ハイ、コーヒーでよろしいですね。ここ宿毛大橋の休憩所では、月山回りの方と逆打ちの方がそちらから来られるのですが貴方様は?そうですか逆打ちですか。そう云えば高知新聞でも逆打ちのお遍路さんが多いと記事になっていました。本当に逆打ちは御利益が大きいだろうか?と。御利益?功徳三倍とも申しまして確かに御利益の意味もございます。善行の功徳でも三倍なんてなんか安直な感じが致します。御利益のことは貴方様が今後どう感じられるかの問題だと思います。

 どうして逆打ちなのか?と。正直私などには判りかねます。まあ、間違いないのはお大師さんの行脚を慕うのが順打ち、お大師さんにお会いしたいのが逆打ちでないでしょうか?そう云う点では私はすべて順打ちが基本です。霊山寺からはじめないもので切幡寺からは逆打ちになってしまいますが。そうそうご年配のお遍路さんで、逆打ちは衛門三郎がお大師さんに許しを請うためにしたもので、そのような事情がない方は逆に回ってはいけない、悪いことをした方が逆に打つのだと力説しながらここでお休みになった方がいらっしゃいました。まあ、願い事があって直接お大師さんにお話しされたい方は逆に回っても宜しいのではないでしょうか。

 なぜ閏年なのか?と。実は今年のはじめにある札所でお坊さんにお聞きしました。いえね、閏年は逆打ち!!のポスターが貼られていましたから。一部のお先達の間では衞門三郎がらみで閏年は逆打ちが良いと云われていたとのことです。それであればご立腹のお遍路さんも正鵠を射ていたかも。でも衞門三郎と関係なく閏年は逆打ちって以前から云われてはいた、私も聞いたことがあります。先ほどのお坊さんによれば、前回の閏年ということは、平成20年からバス会社が閏年は逆打ちと大々的に宣伝するようになったそうです。今年は見事にヒットしたようですね。私個人的には「閏年は逆打ち」に流行語大賞を差し上げたいほどでした。過去形なのはボツボツ寒くなりバス巡礼も減るかな、営業には差し支えないだろうとお話ししているのですが・・・。ハイ、正直なところキャッチが巧いのは好きでありません。

 逆に回る価値はないのか?と。いえいえ、決してそうではありません。何回か歩きで回られた方は以前から逆打ちに挑戦される方は少なくありませんでした。はじめてでも何ら差し支えないと思います。そう云えば昨年の丁度今時分、鴇田(ひわた)峠の久万高原側の休憩所にテントをはられていたのは仙台の方で、奥様を亡くされていました。避難所で世話をしていたが閉鎖になり、一時金も下りたので逆打ちの野宿遍路をなさっていました。私は根拠が根拠なので確認しませんでしたが、逆打ちで亡くなられた方に会えるなんて映画(根拠)もありました。そのような期待も少しはお持ちだったかもしれません。人それぞれの何らかの思いで回っていらっしゃいます。逆打ちでも結構だと思いますよ。私の思うところでは、さっきも云いましたが、お大師さんの行脚・ご苦労を慕い追体験をされたい方は順に、お大師さんにお会いしたい方は逆ってことで良いのではないでしょうか。貴方様がお大師さんに会われますように。ご利益はあまり期待なさらず功徳を施していると・・・。実は熱心にお四国を回られていて事故で亡くなられた方を存じ上げています、残された者には御利益云々の話はないもので。m(_ _)m

 いやあ、今日のコーヒーは不味かったですか?申し訳ない。尋ねられるものでつい思う所を。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 5

依光次郎

P.S.(として書くべきですがコメントで)
 Webでは、四国遍路は順打ちであるべきものだが四年に一度の閏年には逆に打っても構わないとのことでないかと書かれていた方がいらっしゃいました。(違うと思うけど)面白い御意見だと感じ入りました。
by 依光次郎 (2012-10-18 07:33) 

まる七

さて 逆うちの起源はさもあらん‥衛門三郎に由来する‥ まあ考え方それぞれですから?何をされてもいいと思いますが‥はじめて回られる方の”逆打ち専用納経帳”ってのは?どうなんでしょうか^^;‥ 本来納経帳ってのは1人・一生・一冊ってのが原則ですよねえ‥じゃあ 逆打ち用ってのは四年に一度しかこられないってか回らないってか?
なんども訪れることで人とであい風景と出会い感覚に出会うのが遍路の心でありその出会いがもたらすものの先に思いがあり悟りがあり癒しがあるのだと考えています‥

はやりでするのもいいですが 最後は気持ちの問題でしょうか^^;

来月にはまた”高野山”に行ってきますので^^/

by まる七 (2012-10-21 22:30) 

依光次郎

お久しぶりです。

(@_@)逆打ち専用納経帳/軸があるんですね、はじめて知りました。

女房殿の納経帳は昭和40年頃の小型の歩き用(と云うか大きな納経帳はクルマ遍路が増えてから一般化したとお聞きしました、昔は皆これだったと)、あらかじめ何番と印刷されていません。それでも、すべて順に回っていませんがお寺さんが注意してくれていたか、順に並んでいます。

専用納経帳がなければ逆に納経して頂くだけで、「閏年」を強調するために逆順のものが作られたのでしょうね、商売が上手い。でも、毎年逆にはじめる方も少数ながらいらっしゃるだろうし、売れ残った逆打ち用納経帳は売るだろうし・・・。でも作った方は「閏年」専用で、違う時は普通のを使って下さいという発想と思いますよ。バス遍路さんの納経帳もかなり赤い、そんな方にも買って欲しいと作ったのでしょう。

やっと久万高原に入りました。次回は松山を過ぎる予定です。

by 依光次郎 (2012-10-21 23:16) 

まる七

こんなことを言っては元もこうもありませんが 本来の納経帳の姿は”御朱印帳”なるものだったはずです‥ただ寺院会では専用の納経帳しかいただけないことになっています‥この御朱印帳そのものはさほど珍しくなくどこの仏具屋さんにもあります(私も一冊持っています^^;)寺だけでなく神社でも御朱印はいただけますので 旅の思い出に‥なんて方は随分いらっしゃるようです‥また サイズですが現在の小さい方の納経帳位ですかねえ^^; さて 大きく違うのがとじ方なんですよねえ^^;納経帳って背綴じになってるでしょう?ここは大きく違います‥ジャバラ綴じなんですよ^^;ですから広げるとなが~いあれですねえ^^; 同じように西国の霊場の納経帳もちさいサイズでジャバラです^^; 小さいサイズですとばらして額にしてもらえたりできるらしいですよ^^; 参考までに‥
またお会いできるの楽しみにしてますね^^/

by まる七 (2012-10-22 11:16) 

依光次郎

 家内の納経帳は表紙にだけお大師さんのマークがあり、中は白紙。でも残念ながらジャバラ綴じではなく背綴じです。大きさは現在の小さいほうと同じ。さらに軽いです。

 三つのお寺さんで随分と懐かしいと云われました。購入したのは昭和48年でした(もっと前のもので売れ残っていたのだろうとも云われました)。


by 依光次郎 (2012-10-22 21:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る