So-net無料ブログ作成
検索選択

"ヘルタースケルター" [映像(映画・放送)雑感]

ヘルタースケルター
邦画  だからどうした、行きます系
蜷川実花監督
B極上
2012年 127分

 封切り二日目に女房殿と観た。二人ともケータイを切っていたので家に帰って上映中にかかっていた娘2と女房殿が話していた。エッ、ヘルタースケルターに行ってたの?旦那と二人であんな映画誰がみるのだろうと話していたと。観たほうが良いよ。(^^;

<<粗筋>>
 モデルのりりこ(沢尻エリカ)は超売れっ子。多くのファッション雑誌の表紙を飾っている。彼女を取り巻く人たちにプロダクション社長多田(桃井かおり)、マネージャー羽田(寺島しのぶ)その恋人奥村(綾野剛)、メイク担当沢鍋(新井浩文)がいる。りりこの恋人に南部(窪塚洋介)がいるが、彼は大企業の御曹司でほかに婚約者ができる。

 りりこは羽田と奥村に南部の婚約者田辺恵美利に傷害を与えるが、検事の麻田(大森南朋)が出現する。しかし、彼の主な目的は美容クリニック院長和智(原田美枝子)による違法組織の移植ための胎児売買容疑であり、りりこもその手術を受けた容疑(と云うか捜査に協力してくれと云う依頼)であった。

<<ポイント>>
 りりこが美容形成で生まれ変わり、その際の違法性が映画では大問題として描かれていない気がするので、まず遺体から皮膚や骨…闇取引 調査報道NPOが取材(朝日新聞デジタル 2012年7月18日21時35分)から。調査報道NPOの説明も記事の最後に載せられています。死体からの組織採取であり、人体組織そのものを売り買いすることは禁じられているが、遺族の同意に基づく「献体」などにより遺体の組織が提供され、非営利団体の組織バンクなどを通じて医療現場に届くのが本来の形だとされています。法規制のゆるい旧ソ連・東欧が組織供給の場となり、中には、公的機関が言葉巧みに遺族から同意を取り付けて死体の組織を不正に確保するケースも表面化したそうだ。同意を得て違法すれすれ(必要ない組織供給に誘導される)だけでなく、月に1000体を超える人体組織が盗難に遭うこともあったという。前者のケースで押収されたクーラーボックスの送り先は米国で昨年1億6900万ドル(約135億2千万円)を売り上げ、株式上場もしている医療企業の系列ドイツ工場とのこと。FDAは11年、この工場から米国に輸入されたウクライナ人の人体組織が、「ドイツ製」と記されていることを把握し、輸入元の上場医療企業に是正を求めたと。記事では組織の入手経路とともに、死体からの組織で再建術がされると説明されていない点と感染の危険性を問題にしている。医学上必要な再建術もあり一概には云えないが、消費国アメリカでは歯科インプラント・スポーツ医学とともに美容形成も国際的取引を活発にする大きな要因のようだ。この映画の和智先生も胎児などから違法に入手していたわけだ。

 映画はそのような美容形成を受けることで新しい人生がはじまると思っているりりこのhelterskelter(遊園地などにあるぐるぐるまわるすべり台もそう呼ぶそうですが、あわてふためくこと、でたらめ、混乱、狼狽など-その形容詞・副詞も-が意味としてあり、映画ではっちゃかめっちゃかと。巧いなあ。)ぶりを十二分に描いている。蜷川監督の前作「さくらん」をはるかに上回っていると思って観てしまいました。写真家の蜷川さんはどぎつい発色をするアグファのフィルムを、知人からあんたならこれが気に入るだろうと紹介され、アグファの虜になったようで自分のスタイルを持っている方です。「さくらん」はその意識が強すぎたようだ。アサヒカメラ7月号(掲載写真で映画を観る気になった (^^; )には従来の自分のスタイルとは違うと書かれていましたが、強烈なスタイルを持つ蜷川映像はしっかりと見られます。りりこがモデルであり撮影風景もあり(とくに出だしのスピード感は良いですね、一気に作品の中に入れた)、写真集として出ているとのことで購入してしまった。(^^;本の前半は映画撮影中の作品で後半は撮影風景の時の蜷川作品です。一応余白の有無で作品性が異なっていると感じますが、思惑通り後半の写真の質は高いです。

 まあ書きたいことを全部書くとこの何倍になるか判らないので(^^;、パンパンに膨らんだ欲望の怖さは、積極的に描こうとしていないかも知れませんが、描かれているかなと。また大好きな原田美枝子さんが、アメリカ的にお金が全てって感じで違法に組織を入手しているワンシーンがあればA上としたでしょう。それがなくって社会性にさみしい(蜷川さんはそんなもの要らないと思っているのかも知れませんが・・・)だけでA上としても良いできだと思います。寺島しのぶの複雑な気持ちの映像的表現も欲しかったなど、筋は進むが人物像の描き方が中途半端だがホント全体の質(映像と沢尻エリカかな?)が良いので許す。
(^^;

m(_ _)m久シブリニ書クノデ中途半端、勝手気ママ、へるたーすけるたーブリ御免。

<<楽しめる人>>
沢尻エリカファン必見・蜷川ファンは当然観るだろう。
芸能界に憧れる若き方々(チョット辛口)

P.S.
 この映画のりりこを見ると、沢尻エリカ「様」に納得させられる。

 日本がアメリカにはなりたくないなあ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る