So-net無料ブログ作成
検索選択

四国遍路の内容について [お知らせ]

四国遍路の内容について

 先日、第四十六番浄瑠璃寺を掲載しましたが書いていて面白くない。丁度逆になるが、歴史小説を読んでいて史実のみを延々と読まされる時の感じだ。それで以後もっと気楽に書かせて貰うことにした。

 勿論、本人としては敢えて嘘を書くことは絶対にしない。しかし、お宿で他のお遍路さんと話していて間違ったことを私が話したり、他の方が話したりする。チョットした錯覚や思い違い、年齢による呆け具合(逃げのつもりだが、事実だったりして (^^; )・・・。間違う要素は、調べて調べて確かめたものだけ書くのでなければいっぱいある。そのような間違った情報が混じるかもしれない。私自身ネットで調べていると、間違っているなあと思うことも時々ある。そのような判断は、読まれている方に任されていると思う。間違いがあっても何卒ご寛容のほどを。
m(_ _)m伏シテオ願イ致シマス

 今まででも、それは違っているよとコメント・メールを頂いて訂正したことがあります。明かな間違いは本文・場合によりコメントにて訂正いたしますので、ご指摘頂ければ幸いです。

P.S.
尚、下記を参考しています。
<<本尊・開基・宗派>>
空海の史跡を尋ねて 四国遍路ひとり歩き同行二人
          解説編(第7版)    へんろみち保存協力会編(2007)
<<寺名・住所・電話・宿坊・駐車場>>
四国八十八ヵ所   溝縁ひろし       主婦の友社(2006)
   場合により市町村合併で住所が変わっている所があるかもしれません。
   また、山寺院の三号は支竺にないとのことで、真言宗らしく山寺(院)としました。
<<建物などの撮影箇所>>
四国八十八ヵ所霊場境内図 楽しくなけりゃ・・・遍路じゃない!
          株式会社サンエイ(2006)

また、下記を引用すると思います。
四国霊場の旅                徳島新聞社(1977)
四国八十八ヵ所遍路(愛媛・香川編)
         宮崎忍勝・原田是宏    朱鷺書房(1987)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る