So-net無料ブログ作成
検索選択

"女忍 かげろう組" 付録:「くの一」映画と「女忍 かげろう組」 [映像(映画・放送)雑感]

"女忍 かげろう組"
邦画 TV版エロ忍術系
C中
1990年 (2時間スペシャル番組)

<<粗筋>>
 肥前大村藩では国家老菊井甚左衛門(根上淳)が蟄居を命じられ、自席家老脇坂主膳(南原宏治)の思うがままになっていた。藩主は脇坂らにより聖水と称する毒物を飲まされていた。菊井の娘千鶴(浜田朱里)は春日局(藤間 紫)宛の密書を持ち江戸へ来て、服部半蔵の孫陽炎(多岐川裕美)に助けられ無事につとめを果たす。藩のお取り潰しを謀る松平伊豆守(神山繁)は配下の柳生に取り調べを命じ柳生十市兵衛(伊吹吾朗)が肥前に向かう。春日局は陽炎に女忍かげろう組の出動を命じる。

 かげろう組は一番艶(鮎川いずみ)、二番胡蝶(柏原芳恵)、三番香(高倉美貴)、四番茜(清水美砂)、そして番外赤猿(左とん平)と頭領陽炎からなる。脇坂側には子息圭之進(本田博太郎)、商人千々岩屋伍兵衛(名和宏)、十手持ち婆羅門の権蔵(深江章喜)、修羅道士(ハル・ゴールド)がいて、不知火玄蕃(内田勝正)率いる武装団が守っていた。大村藩では脇坂主膳の横暴に反発していた千鶴の許婚速水兵馬(太川陽介)ら菊井派の若侍は敵の手に落ちていた。

<<ポイント>>
 エロ忍術と云うほどのものはないし、エロは全くない。抜けようとしたお女郎さんが折檻されるときに胸が見られるのみ。所謂、くの一映画でどのような位置づけになるのか、インターネットで検索して下のほうに自分の考え方を書きましたので、興味のある方は。

 さて、ひとりが敵をひとりずつ倒して行くパターンであるが圧倒的に女忍が強く、弱いものいじめにすら見える。勿論倒される敵はそれまで弱い百姓などに圧政を強いているわけで問題はないのだが・・・。敵の不知火玄蕃と柳生十市兵衛がでると時代劇らしく感じるのは何故?鮎川いずみ以外は、くの一が時代劇らしくない・・・?

 脇坂氏について。忠臣蔵の松の廊下、浅野内匠頭をとめる二人の侍の一人は「わきさか」氏である。教えてあげる、脇坂とは書かない。「力」でなく武士だから「刀」が三つ。もちろん自席家老は脇坂でも良いわけだが、忠臣蔵でも時に間違って書いているから注意して見てください。
 ついでにもう一つ。香が腹を押さえて「癪」という。時代劇の定番で、女性は「持病の癪」がと助けを求める。この病気は胆石発作とされています。古い順番に並べると、癪・胃けいれん・胆石発作。患者さんに尋ねても若い人は「持病の癪」とか聞いたことがないというけどやっぱりこの作品の中では使ってました(「癪」のみだが)。

<<楽しめる人>>
TV番組であり誰でも見られるが、お勧めしない。
あくまで娯楽のみ(それも質は良くない)だもの。

P.S.
今日は何を書いたやら・・・。


付録:
「くの一」映画と「女忍 かげろう組」
 TV版エロ忍術系としたが、本作の位置づけを。

 「くの一」が性的忍術で登場するのは山田風太郎の「くの一忍法帖」以来である。「くの一」の言葉も山田風太郎による造語の可能性があるそうだ。「くの一忍法帖」は僕たちが高校生の頃に最初の映画化がなされている。その後も日活ロマンポルノやピンク系で「くの一」ものがあった。

 このような性的忍術を駆使する「くの一」以外に1986年からTV水戸黄門シリーズに由美かおるによる「かげろうお銀」が登場する。入浴シーンがお約束だそうでもちろん色気はあるが、由美かおるの健康さとあいまって市民権を得た。そして健康的なお色気のアミタイツ姿やレオタード姿による「くの一」がひとつのイメージになったようだ。

 山田風太郎の「くの一忍法帖」は1991年、リメイク版が作られ以下のシリーズに続く。
くノ一忍法帖 (1991)
くノ一忍法帖 II 聖少女の秘宝 (1992)
くノ一忍法帖 III 秘戯伝説の怪 (1993)
くノ一忍法帖 IV 忠臣蔵秘抄 (1994)
くノ一忍法帖 劇場版 自来也秘抄 (1995)
くノ一忍法帖 劇場版 忍者月影抄 (1996)
くノ一忍法帖 柳生外伝 (1998) 
 これらは僕がエロ忍術系として書いていたイメージの映画である。むしろ直系の映画たちであろう。
(すべてがエロ忍術系ではないかも知れません、観てないから・・・。 (^^;  )

 さて、本作「女忍 かげろう組」であるが、「かげろう」は水戸黄門における由美かおるの通り名である。本作は放映により反響が大きく、予定された<弐>がかなり時期を早めて放映されたとのことである。<弐>は由美かおるの出演もありまたまた大評判だったらしい。本シリーズは下記三作が放映された。
女忍かげろう組 (本作である)(1990)
女忍かげろう組<弐> (1990)
女忍かげろう組<参> (1991)
 ちなみに、由美かおる主演では TBS系のナショナル劇場枠で「水戸黄門外伝 かげろう忍法帖」が1995年 5月22日から同年 9月 4日にかけて放映されている。

 結局「くの一」ものは、由美かおるの「かげろうお銀」で市民権を得、TVにみられる健康的なものと「くの一」と同数の敵と性的な忍法で争うエロ忍法シリーズものの二つの流れが作られていったわけだ。そして製作年を見る限りでは本作シリーズの評判が、「くの一忍法帖」のリメイクを引き出した可能性が高いと考えられる。「くの一忍法帖」が素晴らしいシリーズであれば、本作を重要な一作と位置づけられるが、その必要もないだろう。
m(_ _)m

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 2

田ぢから

「くの一忍法帖」はエロチックというよりも「グロ、キモイ」。
笑える忍法もあるが、中身がめちゃくちゃすぎる。

時代劇で、くの一が出てくる他の作品にも「性的な拷問」シーンが
お約束の様に出てきて、こんなのが日本の娯楽文化だと
外国の人に思われたくない。ハッキリ言えば「恥」。





by 田ぢから (2012-01-10 23:07) 

依光次郎

田ぢからさん、コメントありがとうございます。
確かにエロ・グロ・ナンセンスと云う言葉も値しない程度かと思います(くの一シリーズ)。

お約束のように性的な拷問シーンが出てくるくの一作品が判りませんが、娯楽文化とは日本人は思っていないのでないでしょうか?外国の方から見ると週刊誌に女性の裸が出るだけですでにバレているのですが、女性に対する性的拷問はよりよろしくないでしょうね。


by 依光次郎 (2012-01-10 23:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る