So-net無料ブログ作成

高知県いの町 Twin Soul土居邸 [その他]

  木楽屋仲間さんからお勧めがあった土居邸に行ってみました。単なる喫茶店の認識であったため、書くこともないかと思っていましたが、高知県いの町の観光案内にも出ています( http://www.town.ino.kochi.jp/kanko_sangyou.html )。もっともカメラ持参ではありませんで、ケータイ写真を使ってみます。おじさんはケータイはブレるから苦手。

 

 

 四国銀行いの支店をナビで設定し、国道から北に向かって入るようにすればすぐに病院があって、土居邸の駐車場(上の写真)です。他の方向から来ると土居邸玄関の向かって左の道を曲がると駐車場へ。

 

四国銀行いの支店側から見た土居邸

 

 戸を開けるとジャズが流れています、良い雰囲気。絵画も飾られていましたが、紙の町いの町らしく紙の帯や紙の姫路城などを展示しています。スピーカーの上にお客さん感知器を置いているので奥のほうから、いらっしゃいませと声がかかりました。そのまま奥へ進んで、お家に上がってお飲み物を召し上がるスタイルです。前のほうと、後ろのほうは雰囲気が異なります。机と椅子が自分の好みでなく、どこでも良いかと土間に準備されている椅子に座りました。女房殿と来るときは、お靴を脱いで後ろのほうに行こうかと思っています。

 

 出てきたご主人、その後にお歳を聞くと私よりひとつ上。私が R&Bを聴いていた頃、すでにJAZZ。ジョン・コルトレーンに参っていたようです。メニューを見せていただき、「紅茶って何?」「紅茶は紅茶ですが。」「いや、葉っぱとか。」「これこれに少しあれを加えています。」ストレートでいける。「紅茶でお願いします。」ケーキかサンドイッチが付きますとのこと。サンドイッチをお願いする。

 

 注文の品が出てくるまでチョット時間が。友達と一緒に行ってゆっくり話すのに適した(良い意味ですよ、メニュー内容もそれに沿う)喫茶店です。丁度、年配のご婦人が二人来られました。どこそこの子供さんが医者になったとか、その線上で「奥谷さんって宿毛の人?奥谷姓は宿毛に多いし、画家の奥谷博さんは高校の一年先輩で、同級生には小野梓の姪御さんがいた。」と。思わず「宿毛はどちらにお住まい」と声をかけてしまいました。そこで自己紹介できないのがダメな自分ですね、今後は練習練習。ここでは小野梓( http://www012.upp.so-net.ne.jp/hata_jin/hata/pdonoazu.htm )の紹介を。

 ご主人とチョットお話ししていましたが、女房殿と必ずまたくるだろうから、お店を出ました。メニューのお値段、はじめて木楽家仲間さんから伺ったときには高いと思いました。飲み物・軽食・デザートの内容と建物への入場料と思うと、そんなもの。むしろ週三回以上来られる方には入場料50円値引きとか・・・。(その後娘二人と訪れた際、お父さん、食べ物と飲み物だけで800円はする、安いとのこと。)

 いの町 webサイトの紹介にあるように、「建築方式は、珍しい分棟方式を取り入れ、店は蔵屋敷造り、客殿は数寄造りで、木造2階建て、広さ250平方メートル。概観は石と赤レンガ、焼き杉を使った「鎧下見(よろいしたみ)」と呼ばれる板壁、漆喰を下から組み合わせており、琉球など南方文化と上方文化が混じった」ものでTwin Soulと称しています。メニューにあって何かなと思いながら確認していませんが、おそらく建築様式より。次回は数寄屋造りのほうで。.

P.S.
 その後、Twin Soulの由来を尋ねると上に書いたことではなかったようです。しかし予定と違って現在Twin Soulの状態でなく、意味がなくなってそのままとのこと。じゃあ、勝手に上に書いた二つの文化が混在していると理解しておきます。(^^;


nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

コメント 6

木楽家仲間

格調高い紹介ありがとうございました。
これからも店の名前だけ教えて依光さんに載せてもらおうっと。
当方週末は梶が森の途中のレーベンというログハウスの喫茶の
お庭でピザ釜を作っておりました。
by 木楽家仲間 (2007-07-07 22:43) 

依光次郎

 まず当方。最近仕事場へ行ってなかってので知らなかったけど、二人は学会、一人は当直で来られず。「私一人です。」と入院中のお礼と云うことになりました。高知に8年いたけど、割烹旅館土佐山(違った、オーベルジュ土佐山)を知らなかったとか、木楽屋さんも気に入ったようでした。

 書いてますが「土居邸」といの町のサイトになければ、載せたかどうか。例えば高知市全喫茶店評価(当然独断と偏見)としてするなら意味が出てくるかもしれません。それ以外だと、ウワーッ参ったな、他に較べてここ数段良いよと思えるものならば、紹介しても良いとは思いますが。
by 依光次郎 (2007-07-08 04:26) 

木楽家仲間

そうですね
いい店ほど秘密基地にしておきましょう
梅雨が明けたら
各地の花火大会に忙しくなります。
by 木楽家仲間 (2007-07-08 05:38) 

依光次郎

 素早いお返事ありがとうございます。
 写真が消えたと焦って、当方遅れました。

 お気に入りの喫茶店あれば、ここで教えてください。
 喫茶店に行くのは好きです。
 宿毛で友人がやっていた美味しいコーヒーと気楽に話せるマスター。
 最高です。

 エッ、花火大会の追っかけをされるのですか?
 花火キライじゃないけど、人混みの中まで行こうとは思っていませんでした。ドライブ中に遠くからクルマを止めて30分ほど見ることは良くあります。そういう訳で自分の頭の上にドーンッひろがった花火ご無沙汰です。そう思うと見たくなる。(^_^)
by 依光次郎 (2007-07-08 09:18) 

木楽家仲間

そうです。人ごみを避ける妙技。したがって帰りが一本道しかない須崎は行った事がありません。いかに車をそっと止め、フィナーレを十分満喫した上で渋滞にかからぬように引き上げる。我が家の定番(今夏)は野市(今年から吉川漁港29日)、4日早明浦(時々)5日いの仁淀川西岸より望む、11日宇佐(船からの発火最高)13日鏡川15日手結(太刀踊りをみてゆっくり送り盆をする)他です。宇佐には高松の両親もきます。11日土佐清水をはじめめとする幡多地区ががもっと凄そうだけど遠い。
by 木楽家仲間 (2007-07-08 16:06) 

依光次郎

 これだけ予定を教えていただき、今年一回は女房殿と行ってみようかと思います。渋滞を避けるテクニック、またお会いした際、ご教授下さい。
by 依光次郎 (2007-07-08 17:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る