So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

'細川ガラシャ夫人' [書物(本・雑誌)雑感]

'細川ガラシャ夫人(上)(下)'
三浦綾子
小学館
小学館eBooks 三浦綾子電子全集
2012年12月28日
(底本)新潮文庫刊(2012年7月10日第51刷改版発行)

 細川ガラシャ、玉子は明智光秀の娘である。明智光秀の本能寺挙兵は足利将軍家再興を計るものだとの手紙が少し前に新聞に載っていたが、信長が足利義昭を奉じての上洛には光秀と細川幽斎の働きがあった。光秀と凞子から生まれた玉子は信長の命により細川幽斎の長男忠興に嫁ぐ。この本では本能寺の変は信長による光秀の領地没収が契機として描いている。細川家では存亡をかけて明智の娘を生かしておくわけに行かないと問題になるが、この上ない美形の玉子を失うことを忠興が拒否、二年間「丹後の味土野」に隠されることになる。幽斎は足利義輝・義昭に仕えていたが、夫細川忠興が信長、秀吉、家康と戦国の世で生きのこる苦しみを玉子の目・心情(必ずしも忠興に忠実ではない)から描かれ、キリストの安息に導かれていく。いくさによる周辺の変化もあり退屈させず読ませるが、無類の女好き秀吉への謁見、石田三成の大阪城への呼び出しはドラマティックである。

 「氷点」の三浦綾子である。細川ガラシャは読みたかったが、作者がキリスト教徒であり僕のこだわりから読まなかった。本書でもすでにキリシタンである公家出身の清原佳代(マリア)との問答のなかで、キリスト教と仏教違いは「神」はカミが申したことで「仏」はヒトだから神が上と・・・。エッ?てなものだ。この問答は冗談として、僕の心が仏教に帰依したのはインドの神々について悩みヒトをとった仏のほうが上だと思うからだ。描かれるキリストの福音は安息であり、イスラム教徒のインシャラー(インシャー・アッラー:神のみ心のままに)と本義的は同じだろう(イスラム世界ではかるく使われることも多いらしい)。仏教で云えば煩悩を捨てた境地か?むしろ無常・空に近いか(ハイ、書きすぎです)。絶対神に委ねるあちらの云い方だろうが、自力本願での解脱に比べると楽だよね。でも大乗仏教でも他力本願でが「善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」だから信徒・非信徒を区別しない仏教のほうが宗教的だと思う。神が申したことよりヒトが考えたほうが深い気がする。まあ、下らん問答があったもので 、宗教のほうは信心であり優越はないと認めなければいけないはず。でも、「夫に仕えるのは神に仕える」ことと死を選ぶのは教条主義的にならないか・・・?それが絶対神なのだろうが、当方「仏に逢うては仏を殺せ」宗派なもので・・・(遍路中に創価学会の勧誘を受けあまりに仏・ほとけと云うもので、この言葉を云うと本当に怒りはじめた。信心が深いって良いなあ・・・、でも嫌。破れ袋に風を入れて生きたい。)
m(_ _)m。

 この本から受けるひとつの強い思いは戦さのない世の中である。戦国時代に生きる聡明な女性(現代女性に近い)を描き、玉子と小学校教員を七年間勤めながら軍国主義教育・それまでの国家のあり方に苦悩し昭和21年退職する作者自身の強い平和への願いでないだろうか。飽くまでも女性の目として描かれているが説得力がある。

P.S.
 図書館戦争(あっ、単に戦争で思いついただけだから)も良いが、本格的な歴史小説を読まれるのも一興かと。
nice!(0)  コメント(0) 

ローカルで申し訳ないが、高知県立歴史民俗資料館へGo!! [その他]

ローカルで申し訳ないが、高知県立歴史民俗資料館へGo!!
今を生きる禅文化-伝播から維新を超えて-展

 今日(平成29年10月18日)は高知県立歴史民俗資料館へ行ってみた。一昨年か昨年に南国市長谷寺御住職から県立歴史民俗資料館にて禅の展示が予定されている。道元さんは有名だが栄西さんがあまり知られていないから臨済宗をおもにするとお聞きしたことがあった。この10月14日から『今を生きる禅文化-伝播から維新を超えて-』(『』機種依存文字?堪忍)が催されており是非みたいものだと思っていた。

 ひとりでゆっくり見たが良かった!とつくづく思う。まず御開帳を逃していた自宅近くの宗安寺(ヘェー住所がAsakuraなんだ)の秘仏にお目にかかれた。僕としては不動明王さんよりも脇侍(持国天立像・増長天立像)二体が気に入った。
 その他御紹介すべきものが多いが、簡単にvaluable("めぼしい"の漢字はと変換するとATOKが英単語を出してきた、なるほどと・・・)なものを。

 まずは女房殿へは竹茶杓(千利休作・京都慈照寺)。筒中央に利休の花押、箱に随流斎(表千家五代)・如心斎(七代)が書き、如心斎と碌々斎(十一代)の文が添えられ大切に伝えられたものだ。
 この週末に見に行こうねとの義理で女房殿へとしたが勿論茶道関係者の方々にこそお勧めです。m(_ _)m
     アッ女房殿ヘモ m(_ _)m全テ義理ジャナイカラ

 多くの禅僧画・禅画も見ることができるが宗教はチョットとおっしゃる方には若冲(もちろん!!伊藤若冲)の鶏が二匹(京都鹿苑寺・京都両足院)、京都慈照寺からは花が届けられています。女房殿お友達(?)のいる天龍寺からは自賛のある夢窓疎石像が来ています。ついでに書けば山口で一緒に見ようとした雪舟(ものは違うけど)もあります(京都相国寺)。高知では滅多にお目にかかれないものだ。

 臨済宗で纏めようとしているとはじめにお聞きした際には想像も出来なかった展示になっていると感激。本当にお勧めです。高知在住であれば行かなきゃ損(ちなみに老人手帳があれば無料、手元になければ免許証で行けるかも)。今回の展示については義堂周信・絶海中津・吸江寺など土佐関連もしっかり押さえられているが、「志国土佐 幕末維新博」を受けて維新期の苦難からの復興にも光りを当てたという主催者の慧眼に感服した。南禅寺境内図絵(雲外筆、京都南禅寺)・妙光寺記録写真(京都妙光寺)を見ると現在の四国遍路番外札所も再興して欲しいと思う。資料であり見て喜ぶ・感じるものではないが再興録(吸江寺)・復興願書(薬師寺)も展示されている。

 お遍路さんたちは山本玄峰師を御存知だろうか?和歌山県の旅館で生まれたがたらいに入れて捨てられ、拾った岡本善蔵・とみえ夫婦の養子となり岡本芳吉を名乗った。17歳の時に岡本家を継いだが、病気のために家督を弟に譲りお四国を回り、素足で巡礼したとも云われる。七回目の遍路の途中、雪蹊寺(第三十三番札所、高知市長浜)の門前で行き倒れとなり山本太玄和尚に拾われ、寺男から勤勉さを認められ修行に入る。臨済宗妙心寺派の管長となられている。また鈴木貫太郎の相談役となり、昭和20年 8月15日玉音放送の「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言を進言したとされる(以上wikipediaより略述)。高知県立歴史民俗資料館は国分寺から善楽寺へ向かう途中にある(高知大学医学部附属病院までにあるが、北側の国道からが判りやすい、南側は岡豊城址の案内があり、そこから・・・と思う)。書と富士・堪忍袋の禅画が展示されています。

 Canon(そう云えば観音だよなぁ)ファンにお勧めは、最新のデジタル技術と工芸技術による「文化財未来継承プロジェクト」。俵屋宗達「風神雷神図屏風」の高精細複製(建仁寺)もTVで見るものと全く違い現物の迫力にせまります(現物を見ていないが・・ (^^;;; )。

 僕個人としては愛媛県大乗寺から山田無文師の墨跡が出品されてオッと思った(「忘れる技術」を何回も読んだ)記憶があるが、展示に携わった知人によれば図録の内容は前期・後期で展示する予定で無文師は後期だから図録を見ての勘違いだろうと・・・。まあ、今週末に確認に行こうと思っている。しかしなんだな、ヒトはどんどんと忘れるようになっているそうだ。日々の出来事の中で自分が嫌だったことなどを記憶してしまう。ある意味、無文師の忘れる技術は煩悩からの解脱への近道だったか。

P.S.
 高知県立歴史民俗資料館の知人に電話で良かったよと伝えると三年かかったもんなあと・・・。その価値あります。


nice!(0)  コメント(0) 

禁煙を目指します(まだ吸ってるけど) [自笑狂夫老更狂]

禁煙を目指します(まだ吸ってるけど)

 一昨年九月に愛媛県城辺観自在寺まで歩き、十月から常勤となり御無沙汰となっていた。昨年の今頃から病気が再燃し、副腎皮質ステロイド剤が増量となった。10%以上のHbA1cと強い口渇を体験することになった。僕としてはインスリン増量を覚悟していたが、胃潰瘍も再発し内視鏡検査とピロリ菌検査が消化器内科から二回続けてオーダー(検査時絶食)され受診時の血糖値はほぼ正常であった。主治医からは血糖値が良いので食事で頑張って下さいとなった。インスリン必要と思うが確かに血糖値からは、とんでもないレベルで食事を控えることができれば、主治医が正解かもしれない。10年前はHbA1c 9.6%から食事で改善もしたし信用されていたのだろう。だが「急に足が細くなり」「経験したことのないノドの乾き」って2型糖尿病も1型化してるようで並の食事(少し控える程度)では思う改善が得られなかった。結局10%未満のHbA1cとなったのは三月になっていた。

 血糖コントロールができていない時のタバコは、GTRのアクセルを踏み込んだ感じで、動脈硬化が進むだろうと本ブログに書いてもいる。

 糖代謝改善を目的に歩き遍路を再開しようと退職(六月から退職)をお願いして、今年の四月から遍路道を歩きはじめた。2010年はじめて歩いた大日寺(野市町)から高知市近辺を歩き、以前一日がかりだったコースを昼食前後には歩き終わり嬉しかった。久しぶりの二本杖がチョットぎこちなく随分御無沙汰だったと実感。その後も時々女房殿の出勤に便乗し、弘岡(春野)から清滝寺に寄り塚地休憩所・青龍寺まで歩いた。そのコースはじめての練習では歩き終えて女房殿のクルマに乗ると足がつりまくり、自宅に帰ってもどうかすると二時間半ほど足のつりが繰り返した。急に足が細くなったり、容易に足が痙るのは筋細胞膜のブドウ糖取り込みの低下(GLUT-4が細胞表面から細胞内に)が関与しているのでないかと思う(詳しく読んでいないので違うかも)。

 まあ、そのようなことがあっても本番再開と宿毛を中心に歩き城辺まで行っていた(八月はじめの本ブログ)。九月はじめに本番として城辺から宇和島まで歩いた。宇和島駅近くの交差点の標識には中村まで88Km、城辺まで44Kmとあった。2010年には三日かけたが二日間で予定より二時間早く宇和島に着いた。

 その後友人の父君が亡くなられ代診を頼まれたり自分の受診日となったりして行けなかった。今週中に宇和島から明石寺まで行こうと思っていたがテント泊を考えているコースで台風が近づいている。足がダメにならないようにと春野から清滝寺経由で青龍寺近くの駐車場まで練習に歩いた。ところが息切れがきつい、足のしびれ痛い感じが再発している・・・。前者は疑いなくタバコで、後者は糖尿病による虚血または神経症状だろう。歩きながらタバコを止めたいとはじめて心から思った。心筋梗塞を起こした際には常識的に止めなきゃイカンだろうと思いはしたが、心からではなかった。禁煙中に間歇性跛行が出現し、どうせ起こるならとすぐに喫煙を再開した。しかし今度は違う、以後自分としてはタバコがグッと減って1日6本となっている。徐々に元のように1日12本前後の喫煙になるかもしれないので、まあ宣言としてブログに書いておこう。

禁煙、めざします。   v(^_^)頑張ルカラ!!>娘1・2および孫たちへ

P.S.
 と書いていながら・・・。

(とばしても良いです ここから)
 実は上の文章を Linux機のWaffleCellに書き、ブログ(PC)へのコピベが簡単ではなかった。もちろん対応はしてくれているので、 Webの説明を読みながら設定したがなかなか上手く行かなかった。
  Linuxのソフトを入れ直すところからはじめたが削除しても削除されていないと表示され(画面に赤く削除と表示されていて、それをクリックして削除)数回削除、再起動を行った。念のためとインストール画面を見ると削除されていた。WaffleCellでは日本語入力の前にibus-daemon -rdxと呪文(^^;がいる。その時画面右上に表示されるキーボードアイコンから再起動を行うが年寄りの勘違い Linux機の再起動を数回行った(振り出しに戻る行為)。次はPC側がmsiファイルを受け付けない。 Webの説明に必ずエクスプローラーでLinux機をみて下さいとあるのは実行しているが、ここまで来ると自分が間違っていると思ってしまう。ついに一度投げ出した。
 台風で時間がたっぷりあると今日再開するに、普通こんな時はウイルス・ソフトを外してみるねとまずKasperskyを終了。インストールできて指示通り進んでもまだコピペできない。Kasperskyを起動しているので見てみると実行アプリカーション制限でブロックしている。それを許可してやっとブログに載せる準備が出来た。該当機を使っていない人には関係ないし判らないこと。m(_ _)m
(/とばしても良いです ここまで)

 でも、喫煙者ならこの間にタバコが増えただろうと判って頂けると思います。余分に四本吸ってしまった(実は三本なのだが終わりにこれから追加と・・・、ダメだなあ)。デスクワークはイカンなあ。

 なお次回のHbA1cは劇的に改善している自信あり!!
 問題は足のシビレ・・・、前回は三年かかっているし基礎疾患が違うなあ。


タグ:GLUT-4
nice!(1)  コメント(5) 

"グランドフィナーレ(Youth La giovinezza)" [映像(映画・放送)雑感]

"グランドフィナーレ(Youth La giovinezza)"

洋画 サイトを見ても多面的で勉強させて頂きました系
パオロ・ソレンティーノ監督
A上
2015年 121分

<<粗筋>>
 スイスアルプスの谷間にある高級ホテル(元サナトリウムでトーマス・マンが魔の山を執筆) 、そこには世界のお金持ちが訪れていた。「シンプル・ソング」の作曲者フレッド・バリンジャー(マイケル・ケイン)にエリザベス女王からの使者(アレックス マックィーン)が勲章授与と演奏指揮を依頼するもフレッドは頑なに断っていた。使者は退場する際、プールに南米の有名元サッカー選手(ローリー・セラーノ)がいることに気付く。新たな役作りに人間観察を行っていたハリウッド俳優ジミー・ツリー(ポール・ダノ)がフレッドと使者の様子を見守っており、その夜大人気を博した-彼自身ミスターQから抜け出せない-あとの作品が見逃されることを、若い時の一回の軽率のためとフレッドに話しかける(フレッドには軽率でない)。

 ホテルにはフレッドのアシスタントも務める娘レナ(レイチェル・ワイズ)もいたがポリネシアに夫ジュリアン(エド・ストッパード)と旅行に行くことになっており、フレッドの健康管理などの手筈も整えていた。しかし夫はポップ歌手のパロマ・フェイス(本人)を好きになり離婚することになった。ジュリアンの父親はフレッドの親友、映画監督のミック・ボイル(ハーウェイ・カイテル)であり新作のためスタッフとホテルで構想・脚本を練っていた。

 もちろんフレッドの医師・マッサージ師(ルカ・ミジョヴィック)・レナに一目惚れしてしまう登山家ルカ・モロー(ロバート・シーザラー)などホテルのスタッフの他にバイオリンを練習中の少年、ジミーの評判にならなかった映画を見て自分の納得を得た少女-(情況が情況だけに)メークアップしたジミーと遇っての笑顔が大事-、フレッドとミックの賭け事の対象となる夫婦、空中浮揚すると思われている仏教僧(ドージ・ワングチュッテ)、手に入れた称号の副賞でやってくるミス・ユニバース(マダリーナ・ゲネア)など宿泊客が登場し、宿泊客でないがプロスティチュートもいる。そしてミックにとって大事な女優ブレンダ・モレル(ジェーン・フォンダ)も訪れる。

<<ポイント>>
 はじめの場面でフレッドが読んでいる雑誌にはミス・ユニバースが報じられている。女王の使者に以前は妻と来ていたと話した。彼は夢の中で、ヴェネツィア(彼は引退までヴェネツィア交響楽団を率いていた)サン・マルコ広場が水没している時ミス・ユニバースとすれ違う。彼女の胸が彼に当たり(そうになり)、その後彼自身も水没する。その時メラニーと叫ぶ。まあ話の半分はそう云うことです(うわっ、ネタバレ)。

 でも、それだけでないこの映画。題名が Youthであることもエッと思うのに、邦題のグランドフィナーレも老人たちのその後である、演奏会のことである、崖でのレナとルカのことであるとか観る人にさまざまな想像をかき立ててくれるようだ。邦題のほうは置いておき、僕は Youthについて、ミックとプロスティチュートは伏線で、フレッドは医師からこの後は若さですと云われ、次の映像で笑いかけているマッサージのネェちゃんとやっちゃって演奏会を引き受ける気になったと思う。そうでなければ彼のすべて、ここ十年?ほどの無気力・無関心からの大転換が判らない。彼女が一人で行っていたダンシング・ゲームを最後の映像では何人かが見守っているのも暗示的だ。たしかに性行為って若くないと充実したものではない気がする(こう云いきるとテーマとずれるが・・・)。少なくとも御亭主が急に優しくなると浮気(フレッドの場合浮気ではない)と思う奥方はいると思うけどなあ。最愛の人はメラニーだが、Youthはそこにある気がする。違ったかなぁ?

 本作について映像と音楽の素晴らしさに触れない記事はない。韓国人ディーヴァだからと容貌で否定的コメントをされていたサイトもあったが、心臓発作を起こす団体旅行が日本人でも韓国人でも関係ないと同じことだろう(別の映画の話だが・・・あの映像も素晴らしかった)。演奏会の場面ではフレッドと交わす表情による意思の疎通がどうかだけであり、だれでも曲の出だしの所では戸惑う、演奏者も戸惑っていた。ディーヴァの口のアップがありメラニーが出てくる。メラニーの口から歌が聞こえてくるか来ないかで違ってくるが(映像的には歌が聞こえるほどではない)、どっちなのだろう?また、その時の演奏の真価は音楽のみで判断したい。良かったかどうかは目をつむって聴くか、CD/download曲でサウンドトラックを味わってみるしかないか。ついでにあの場面、楽団の指揮についてJAZZなどでないクラシック音楽の精髄を見せて貰ったと思う、あれがクラシックなのだ。

 前立腺と尿量にも誤解があるようだ。確かに老齢男性と前立腺疾患は切っても切れない関連がある。でも腎臓は通常よりも多い尿を作っている。前立腺は尿を出す時に問題となり、本当に数滴しかでないならば膀胱に貯まって苦しんでいるものだ。御同輩はまだそこまで至っていないと思うが・・・、失敗はしましたか?

 恐怖か欲望かの会話でジミーは欲望をとった。欲望は煩悩の元だから避ける(はずの)仏教僧が次の映像で空中浮揚する!!エッ、ソレンティーノさん仏教を肯定しているの?否定しているの?判らなかった。

 粗筋は登場人物の紹介のみで映画のストーリーでは、ミックとブレンダ、面会後のミックの幻覚など多くのエピソードが詰め込まれているが決してドタバタしていない。何回か見直すとアッという発見があるだろう。若い方は何じゃと思われるかもしれないが、そうなるまで何回も見えるから若い時に一度観られては?

<<楽しめる人>>
映画美を確認されたい方
音楽映画の好きな方
ホテルものが好きな方

歳をとって世の中の虚無に取り憑かれそうな方(何回か見ないといけない)

P.S.
ウン、存分に独断と偏見だ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リンクを間違えていた(ページが書き換えられたと思った) [その他]

リンクを間違えていた(ページが書き換えられたと思った)

状況説明:下記「ここから」までとばしても結構です m(_ _)m
       下らないことしか書いていないから(^^;
 数日前キャンプに行っていた。10年前にデイ・キャンプをおこなったゆとりすとパークおおとよである。

 娘たち家族と一諸だが、昨年の夏キャンプが暑くって悲鳴を上げた方々(肥満傾向?)が多くクーラー必須とコテージ利用であった。ただコテージの詳細が判らずバーベキュー時の雨対策として、テントの利用価値があると考えた娘がテントサイトも申し込んでくれていた(お父さん、そっちを使いたいでしょうとも)。丁度ブルーベリー収穫祭が行われた日を予約しており、到着後からコテージ利用開始時間まで催し物を楽しむことができた。高知大学のJAZZ良かったよ、近くに外人さん(なにせ高知ではしばらく前まで県外人って言葉もあり堪忍)がいたがサマータイムの時にはズッーと聞き入っていました。可愛い娘が牛肉の串刺しを勧めてくれて食べたけど、チョット固かった。注文した時の喜びの笑顔で許す(^_^)。

 さて時間となりコテージに入ろうと管理棟に行くと、テントサイトで一人は勿体ない、コテージのベランダでバーベキューはできるので様子を見てから決めませんか、と勧められテントサイト利用が保留となった。確かにコテージは広いし快適だったが、二年ほどご無沙汰のお遍路用テントを使ってみる目的がありワガママを云ってテントサイト利用とした。もし予約していない方で今日希望の方がいるとハッキリ云われば諦めるつもりだったが。オートキャンプ場であり昔(30年程前)のキャンプ場とは全く違う。周りもタープ・大きなドーム型テントで快適。話し声・笑い声で溢れていた。

 僕は車中泊もできるようにしているが、やはりテント派。まあロッジ型のテントを張る必要もなくなり(折角持っていったのに (T_T) )、一~二人用テントを張った。テントサイトは周りに較べて閑散・・・、ホント場違い。食事はコテージで済ませ、眠くなりテントに戻りすぐに眠れることができた(隣の方々にいびきで迷惑をかけたと思う)。

「ここから」
 朝早く起きてクルマの中で自宅サーバーにアクセスできるか確認。そうだ以前デイ・キャンプ以外にもゆとりすとパークおおとよのことを書いたことがあると自分のブログにアクセス。「ゆとりすと」でブログ内検索をすると気晴らしがあり、そこのゆとりすとパークおおとよのリンクを押すと個人サイトにとんだ。エッ書き換えられたの、so-netに報告しておかなくてはと思った。また、「ゆとりすとパークおおとよ」がないので消されたと思った。

 自宅に戻ってから取りあえず「気晴らし」のゆとりすとパークおおとよへのリンクを直した。そして自分の書いたものは知子の情報(記事に開発は長く中断されたままとあるが知子の情報 for Waffle Cellが発売されx64で問題なく使用できる)に残っているので検索したがない。知子の情報はPro版を購入していたがver.8を主に使っていた。退職時に病院で壊れたと破棄されようとしていた EPSON機を貰い自宅で使ったが、NASに残っているEPSON機の知子ファイルがPro用に変換されていなかった。旧ヴァージョン用からPro用に変換後「ゆとりすと」と検索するとあった。「ゆとりすとパークおおとよ」だけの記事はなかった。そして「気晴らし」内のゆとりすとパークおおとよへのリンクは個人サイトになっていた。
 書き換えられたのでなく、自分で間違えていたのだ!!アホくさm(_ _)m読マレタ貴方ガ一番ソウ感ジラレテイルハズ。まあ、慌ててso-netに連絡せずに良かった。(単なる間違いだったかと考えて)当時まだゆとりすとパークおおとよのサイトが充実してなくって、リンクを張った個人サイトに良い紹介があったのだろうか?

P.S.
 Windows8(x64)上では知子も苦戦しEvernoteに浮気した。本文中に「自宅サーバーにアクセスできるか確認」とあるのはWaffle Cell(Linux)でWineを使用して知子の情報を使用したってことだ。テキストだけならばEvernoteのサーバーが自宅にあるって感じ。WaffleCellには同じような機能でMemoTDBがあり、こちらは添付ファイルとして画像ファイルなども可能である。

 (間違っていれば御免・・・以前こうかなと思いついたがブログで書くこともなかろうと・・・ついでだから書いておく)開発者は知子の情報で儲けようという気はすでになかったが、新しいプロジェクト用にメモのデータベースを作成した。その際の経験で、知子の情報Proが容易にx64対応可能なのでWaffleCellのCMを兼ねて売り出したんじゃないかな?長い開発中断だっただけに勝手に想像した。Waffle Cell:枯れたソフトですが利用価値が高いものが使えます。(この項、独断と偏見です)

nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | -
メッセージを送る